[医師監修]二重切開法の失敗とリスク

二重にして目を大きくしたい。けど、「毎日のアイメイクが面倒」・「上手く二重を作れない」などのお悩みの人は、美容整形を考える方も多いと思います。

 

美容整形・プチ整形と言えば、「二重埋没法」が王道です。

 

腫れや内出血のダウンタイムも少なく、低コストでわずか10分程度で、二重を作ることができます。

二重埋没法を詳しく知りたい方はコチラ

    

 

しかし、二重埋没法では、理想の二重を作れない方や二重埋没法をしたがすぐに元の目に戻ってしまったという方もいます。

 

そのような方には、二重切開法が適しています。

 

二重切開法は、二重埋没法で戻ってしまった方」・「まぶたが厚く、二重埋没法では理想の二重ラインを作るのが難しい方」・「アイプチや二重埋没法では不自然な二重ラインになってしまう方」などが向いています。

 

二重切開法は、非常に自由度が高いため、どのようなまぶたの方でも、理想の二重を作ることができる二重の最後の砦です。

 

どんなまぶたでも対応可能なオールマイティーの二重切開法ですが、当然、失敗やリスクもあります。

 

今回は、二重切開法には、どのような失敗やリスクがあり、どのように対象したらいいか。また、そうならいためにはどうしたらよいか説明していきますね。

 

二重切開法は、非常によい治療ですので、リスクなどを理解した上で、間違いないクリニック選びをしてください。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]顔の黄金比

 

こんにちは。管理人のひとえバスターです。

 

「目を大きくするってどのような手段で大きくできると思いますか?」

 

メイク・マッサージ・マツパ・エクステ・美容整形・カラコン・アートメイクなど手段はいくつもあると思います。

 

自分の理想と現在の自分の目の状態により、目を大きくする方法の選択肢が変わると思います。

 

「芸能人があの方法でデカ目になった」・「お友達がこんな方法で目が大きくなった」など色々な情報が入ってくると思いますが、あなた自身にその方法が本当にあっているのでしょうか?

 

また、その方法で「かわいい理想の目」もしくは、「綺麗な目」になっているのでしょうか?

 

自分に合った目を大きくする方法を選ぶには、自分の目の状態をしっかり把握することから始めましょう。

 

まずは、かわいい目・きれいな目の基準は何なのか?

 

人間の顔はバランスがよければ、ある程度、整って見えます。その中でも目は重要なパーツなります。

 

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]オススメ無添加保湿!厳選4商品!

 

二重幅が狭くなったり、まぶたが厚くなってアイプチでは二重ラインが織り込めなくなったり、まぶたがたれてきたりする原因の一つに、まぶたの乾燥があります。

 

まぶたが乾燥すると様々な保湿因子が壊れ、まぶたに弾力がなくなり、「まぶたのたるみの出現」・「二重幅が狭くなる」・「くぼみ目になる」・「二重ラインがメイクで作れない」などの現象が起きます。

 

老化現象でまぶたの弾力はだんだんと失われてきますが、最近では、若者にもまぶたの乾燥が目立つようになり、管理人が美容整形に勤めていたころにも、二重ラインが急に狭くなったなどの相談がありました。

 

普段、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが乾燥してしまうのは何故なんだろう?という相談も多数ありました。

 

実は、まぶたの乾燥は、メイクを丁寧に落とすだけではダメなんです。

 

普段、長時間、アイメイクをしていますので、メイクを落とした後、十分にまぶたのケアをしなくてはなりません。

 

十分なケアというのが、保湿です。

 

長時間のアイメイクで負担がかかったまぶたに十分な栄養(ここでは保湿)を与えて、ねぎらってあげなければいけませんね。

 

その意味で、まぶたの保湿が非常に重要となります。

 

それともう一つ、UVケアです。

 

しっかりとUVケアをしなければ、まぶたは紫外線により乾燥しますのでこちらの対策も必要となります。

 

つまり、まぶたの乾燥を防ぐためには、保湿ケアとUVケアが重要ということになります。

 

今回は、保湿ケアについて説明していきたいと思います。最後に管理人オススメの保湿化粧品もご紹介していますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

                                  

 


 

ページの先頭へ