[医師監修]目尻切開法の失敗・トラブル・解決法

目尻切開法は、目尻側の目を切開して、目を大きくする方法です。

 

目の横幅・目尻の縦幅が大きくなります。

 

二重ラインもしっかりあり、目頭切開法も施術して、蒙古ヒダも無くなり、けど、もっと目を大きくしたいという場合は目尻切開法を行うしかありません。

 

美容整形治療の中では、「二重を作る方法の二重埋没法」・「二重切開法」、「蒙古ヒダを取って平行型二重にする目頭切開法」、「まぶたのたるみを除去する目の上のたるみ取り」などの治療に比べ、目尻切開法はニーズが多い治療ではありません。

 

しかし、上記の方法をすでに施術しているけど、もっと目を大きくしたいという時には、目尻切開法が最適です。

 

印象としては、クールで切れ長な大きい目といった感じになります。

 

トラブルは非常に少ない治療ですが、リスクが全く無いという治療はありませんので、考えられるリスクやトラブルを紹介します。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]美容整形で可愛いタレ目を作ろう!

タレ目の印象は可愛らしい大きな目といった印象の目ですよね。

 

相手に与える印象はとてもよく、「優しい感じ」・「目がうるうるしている感じ」・「まもってあげたい感じ」・「可愛い」・「若く見える」・「親しみやすい」など、どれをとってもよい印象ばかりです。

 

タレ目で損をしている人は少ないのではないでしょうか?

 

芸能人もタレ目の方が非常に多く、好感度が高い芸能人ばかりで、しかも皆かわいいいです。

代表的な芸能人で石原さとみさんなどがいます。

 

男性は、タレ目女子が好きな人も多いんです。

 

それだけタレ目は魅力的な目ということです。

 

では、タレ目にする方法はどんな方法があるでしょうか?

 

メイク技術さえあれば、ある程度タレ風に見せることができます。しかし、メイクでは限界があるのも事実です。

 

そこで今回は、美容整形でタレ目にする治療方法をご紹介します。

 

以前に、注射でタレ目形成にする方法もご紹介しましたが、気になる方はコチラもお読みください(タレ目芸能人も載っています。)

 

ボトックス注射でタレ目にする方法もありますが、デメリットは、効果が3ヶ月~6ヶ月くらいで無くなってしまうことです。

 

せっかくタレ目になったけど、半年で戻ってしまうのは、残念だなーと思っている方もいると思います。

 

今回は、手術によるタレ目形成、別名「グラマラスライン形成」・「下眼瞼下制」なども呼ばれ、効果持続は、永続的で、タレ目ボトックスに比べ効果もかなり大きいです。

 

大きく変化を求める方には、タレ目形成(グラマラスライン)をお勧めいたします。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]もっと目を大きくしたい方は、目尻切開法が最適!

 

美容整形で、目を大きくする方法は、二重にする二重埋没方法・二重全切開法や蒙古ヒダを除去して平行型の二重にする目頭切開法が代表的ですが、目尻側の目を大きくする方法として目尻切開法という方法があります。

 

目尻切開法は目を大きくする方法ではありますが、激的な変化は望めません。目元の印象を変えるといった治療法です。

 

では目尻切開法をすることでどのような印象になるのか?

 

目尻切開法をすることにより、目尻側の白目部分の露出が多くなり、切れ長の目なり、「クールな印象」・「シャープな印象」の顔になります。

 

実は、目尻切開法は、単独でする治療というよりは、タレ目形成(グラマラスライン形成)などと一緒に治療することが多いです。

 

目尻切開法で目尻側の白目部分の露出を多くし、さらにタレ目形成(グラマラスライン形成)で、大きくなった目をタレ目にすることにより、可愛らしい目元を実現できるのです。

 

目尻切開法を単独で行うとクールでシャープな印象の目元になますが、タレ目形成と同時に施術すると、タレ目で可愛らしい印象の目元になります。

 

あなたの理想の目元を実現するために、目尻切開法に興味のある方は、是非、参考にしてください。

 

今回は、目尻切開法にスポットをあてて説明していきます。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]注射で簡単にタレ目にできる!

皆さん、突然ですが「タレ目」ってどう思いますか?

 

「かわいい」・「親しみやすい」・「優しい感じ」などあまり悪い印象はないと思います。最近は、タレ目メイクなどをして、わざとタレ目にする方も多いようです。

 

目を大きく見せる方法は、二重で目を大きく見せたり、カラコンで黒目を大きくしてデカ目にしたりするだけではなく、たれ目にして目を大きく見せるのもトレンドですよね。

 

しかも、男性は「タレ目女子が好き」な人が多いんです。「かわいらしくて、何だか守ってあげたくなる」感じがするんですよね。

 

まんまと女子のタレ目メイクに引っかかってるわけですよね。

 

タレ目は、年齢を重ねても可愛らしさがあり、愛嬌があるので、どの年齢層でもタレ目は、憧れの目の一つではないでしょうか?

 

ただ、タレ目メイクは時間もかかり、面倒だなーと思う人も多いと思います。

 

しかし、タレ目を美容外科で簡単にできちゃう方法があるんです。

 

「ボトックス注射」という方法で、注射だけで簡単にタレ目になっちゃいます。

 

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]オススメ無添加保湿!厳選4商品!

 

二重幅が狭くなったり、まぶたが厚くなってアイプチでは二重ラインが織り込めなくなったり、まぶたがたれてきたりする原因の一つに、まぶたの乾燥があります。

 

まぶたが乾燥すると様々な保湿因子が壊れ、まぶたに弾力がなくなり、「まぶたのたるみの出現」・「二重幅が狭くなる」・「くぼみ目になる」・「二重ラインがメイクで作れない」などの現象が起きます。

 

老化現象でまぶたの弾力はだんだんと失われてきますが、最近では、若者にもまぶたの乾燥が目立つようになり、管理人が美容整形に勤めていたころにも、二重ラインが急に狭くなったなどの相談がありました。

 

普段、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが乾燥してしまうのは何故なんだろう?という相談も多数ありました。

 

実は、まぶたの乾燥は、メイクを丁寧に落とすだけではダメなんです。

 

普段、長時間、アイメイクをしていますので、メイクを落とした後、十分にまぶたのケアをしなくてはなりません。

 

十分なケアというのが、保湿です。

 

長時間のアイメイクで負担がかかったまぶたに十分な栄養(ここでは保湿)を与えて、ねぎらってあげなければいけませんね。

 

その意味で、まぶたの保湿が非常に重要となります。

 

それともう一つ、UVケアです。

 

しっかりとUVケアをしなければ、まぶたは紫外線により乾燥しますのでこちらの対策も必要となります。

 

つまり、まぶたの乾燥を防ぐためには、保湿ケアとUVケアが重要ということになります。

 

今回は、保湿ケアについて説明していきたいと思います。最後に管理人オススメの保湿化粧品もご紹介していますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

                                  

 


 

ページの先頭へ