[医師監修]涙袋形成のヒアルロン酸注射で知っておくべきこと

涙袋を作るための簡単な方法としてヒアルロン酸注射があります。

 

非常に手軽にできる治療ですが、失敗やトラブルもゼロではありません。

 

涙袋形成のことをしっかり理解し、クリニック選びを間違わなければ、ある程度、失敗やトラブルは避けることができます。

 

せっかく高いお金を払って、自分のイメージ通りにいかなかったということがないように、事前の知識を得ること、万が一、トラブルが起こった時の対処法なども知識として持っておきましょう。

 

また、ヒアルロン酸を注入していきますので、ヒアルロン酸の知識もある程度知っておく必要があります。

 

ヒアルロン酸は種類によって持続期間が違ったりしますので、こちらも説明していきますね。

 

とにかく、涙袋形成は、目を大きくする方法としては、非常に有効な手段で、可愛いデカ目にすることが可能ですので、ある程度、知識があれば問題なく憧れの涙袋を手にいれることができます。

 

では、涙袋形成のトラブルについて説明していきます。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]目を大きくするには、涙袋が必須!

皆さん、涙袋はありますか?

 

突然、変な質問をしてすみません。

 

涙袋はご存知だと思いますが、どう思いますか?涙袋は欲しいですか?

 

女性の答えは、圧倒的に涙袋がほしいという方が多いです。

 

なんでこんなに涙袋がブームなんでしょうか?

 

実際に涙袋は、笑った時など目の下がぷくっとして可愛らしかったり、目を大きく見せる効果があったり、涙袋がチャーミングポイントになりますよね。

 

人相学的には、良縁や子宝に恵まれる相と解釈されているようです。最近では、モテ相とも言われているようですが何となくわかります。

 

 

では、涙袋がない人はどうしたらよいか?「私には涙袋がないからなー」と諦めている方もいるかと思いますが、最近は、「涙袋メイク」や美容外科などで行う「涙袋形成」などがあります。

 

今回は、涙袋形成にスポットを当てていきます。

 

涙袋形成といっても手術で涙袋を作るわけではありません。

 

注射で簡単に作ることが出来る「ヒアルロン酸注射による涙袋形成」を紹介していきます。

 

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]オススメ無添加保湿!厳選4商品!

 

二重幅が狭くなったり、まぶたが厚くなってアイプチでは二重ラインが織り込めなくなったり、まぶたがたれてきたりする原因の一つに、まぶたの乾燥があります。

 

まぶたが乾燥すると様々な保湿因子が壊れ、まぶたに弾力がなくなり、「まぶたのたるみの出現」・「二重幅が狭くなる」・「くぼみ目になる」・「二重ラインがメイクで作れない」などの現象が起きます。

 

老化現象でまぶたの弾力はだんだんと失われてきますが、最近では、若者にもまぶたの乾燥が目立つようになり、管理人が美容整形に勤めていたころにも、二重ラインが急に狭くなったなどの相談がありました。

 

普段、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが乾燥してしまうのは何故なんだろう?という相談も多数ありました。

 

実は、まぶたの乾燥は、メイクを丁寧に落とすだけではダメなんです。

 

普段、長時間、アイメイクをしていますので、メイクを落とした後、十分にまぶたのケアをしなくてはなりません。

 

十分なケアというのが、保湿です。

 

長時間のアイメイクで負担がかかったまぶたに十分な栄養(ここでは保湿)を与えて、ねぎらってあげなければいけませんね。

 

その意味で、まぶたの保湿が非常に重要となります。

 

それともう一つ、UVケアです。

 

しっかりとUVケアをしなければ、まぶたは紫外線により乾燥しますのでこちらの対策も必要となります。

 

つまり、まぶたの乾燥を防ぐためには、保湿ケアとUVケアが重要ということになります。

 

今回は、保湿ケアについて説明していきたいと思います。最後に管理人オススメの保湿化粧品もご紹介していますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

                                  

 


 

ページの先頭へ