[医師監修]目を大きくする方法!二重部分切開法(小切開法・マイクロ切開法)

二重の整形をしたいけど、すぐ戻っちゃうのは嫌だなー」・「取れない二重整形をしたいけど腫れが長引くのは嫌だなー」・「二重全切開する予算がない」など二重整形をしたいと思った時、あなたは、どのようなことで悩みますか?

 

二重整形の代表格は、プチ整形の王道である「二重埋没法」しっかりと二重を作る「二重全切開法」があります。

 

二重埋没法は、10分程度の治療で、腫れや内出血があまりでない(数日で消失)というメリットがありますが、二重が施術前の状態に戻ってしまうというリスクがある方法です。

 

二重埋没法を詳しく知りたい方はコチラも参照してみてください。

 

一方、二重全切開法は、二重ラインが戻る可能性が低い治療で、更に脂肪の厚い方や皮膚の厚みがある方にも対応ができる治療です。デメリットは、腫れ・内出血が2週間程と長いダウンタイムがあることです。

 

二重全切開法と詳しく知りたい方はコチラも参照してみてください。

 

二重埋没法も二重全切開法もどちらもメリット・デメリットが極端な治療です。

 

そこで、二重部分切開法の出番です。

 

腫れや内出血は全切開法より短い期間(1週間程)で二重埋没方法に比べ戻る確率が格段に低いという方法です。

 

二重部分切開法は二重埋没方法と二重全切開法の中間的な位置づけの治療法となります。

 

クリニックよって、「二重小切開法」や「二重マイクロ切開法」と呼ぶクリニックもありますが同類の治療法です。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]二重切開法の失敗とリスク

二重にして目を大きくしたい。けど、「毎日のアイメイクが面倒」・「上手く二重を作れない」などのお悩みの人は、美容整形を考える方も多いと思います。

 

美容整形・プチ整形と言えば、「二重埋没法」が王道です。

 

腫れや内出血のダウンタイムも少なく、低コストでわずか10分程度で、二重を作ることができます。

二重埋没法を詳しく知りたい方はコチラ

    

 

しかし、二重埋没法では、理想の二重を作れない方や二重埋没法をしたがすぐに元の目に戻ってしまったという方もいます。

 

そのような方には、二重切開法が適しています。

 

二重切開法は、二重埋没法で戻ってしまった方」・「まぶたが厚く、二重埋没法では理想の二重ラインを作るのが難しい方」・「アイプチや二重埋没法では不自然な二重ラインになってしまう方」などが向いています。

 

二重切開法は、非常に自由度が高いため、どのようなまぶたの方でも、理想の二重を作ることができる二重の最後の砦です。

 

どんなまぶたでも対応可能なオールマイティーの二重切開法ですが、当然、失敗やリスクもあります。

 

今回は、二重切開法には、どのような失敗やリスクがあり、どのように対象したらいいか。また、そうならいためにはどうしたらよいか説明していきますね。

 

二重切開法は、非常によい治療ですので、リスクなどを理解した上で、間違いないクリニック選びをしてください。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]どんなまぶたの人でも二重にできちゃう!二重切開法

 

美容整形で二重にしたいが、色々種類があってどの治療が自分に向いているかわからないけど、なるべく「怖くない治療で綺麗で可愛い二重にしたい」・「目を大きく見せたいな」と思うのは当然です。

 

美容整形で二重にしようと思った背景には、「毎日のアイアメイクが面倒くさい」・「うまく可愛い目を作れない」・「いつでも二重でいたい」・「突然の外出でも大丈夫にしたい」など様々だと思います。

 

美容整形で二重にしてしまえば、毎日のわずらわしさから解放され、しかも綺麗で可愛い大きな目を手にいれることができると考えますよね。

 

そこで、通常は、美容整形の王道である二重埋没法のプチ整形を選択する方がほとんどですが、残念ながら二重埋没法では、なかなか綺麗な二重ラインがでなないため適応外であったり、二重埋没法をしたが、すぐに戻ってしまったなどという方に、お勧めなのが二重切開法になります。

 

「いやー、ちょっとそこまで本格的な整形には抵抗があるなー」・「プチならいいけど切開は怖い」・「ダウンタイムがすごそうだけど仕事が休めない」・「他人にバレそう」など、色々な意見があります。

 

確かに、プチ整形の二重埋没法とは全然ちがいますので、迷う場合は、やめるのも一つの選択肢です。整形は無理にするものではありません。

 

しかし、やみくもに怖がるのは、あなたにとって人生が変われるチャンスを逃すおそれもありますので、まずは、二重切開法とはどういう治療なのか、どういったメリット・デメリットがあるのかなどを調べてから判断されても遅くはないと思いますよ。

 

人生が変われるチャンスを逃す」なんて大袈裟に聞こえるかもしれませんが、目元が変われば顔の印象がかわります。顔の印象が変われば、環境が変わります。

 

「モテるようになる」・「仕事の取引先に好印象を持たれる」など、明らかに今までの自分に対する周りの環境が変わってきます。

 

そうなると、自然と笑顔も増え、今までよりもっと前向きになるので、もっともっといい方向に人生が変わっていくはずです((笑))

 

 

前置きが長くなりましたので、さっそく二重切開について説明していきます。

 

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

タグ: 

カテゴリ:二重切開法 

[医師監修]オススメ無添加保湿!厳選4商品!

 

二重幅が狭くなったり、まぶたが厚くなってアイプチでは二重ラインが織り込めなくなったり、まぶたがたれてきたりする原因の一つに、まぶたの乾燥があります。

 

まぶたが乾燥すると様々な保湿因子が壊れ、まぶたに弾力がなくなり、「まぶたのたるみの出現」・「二重幅が狭くなる」・「くぼみ目になる」・「二重ラインがメイクで作れない」などの現象が起きます。

 

老化現象でまぶたの弾力はだんだんと失われてきますが、最近では、若者にもまぶたの乾燥が目立つようになり、管理人が美容整形に勤めていたころにも、二重ラインが急に狭くなったなどの相談がありました。

 

普段、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが乾燥してしまうのは何故なんだろう?という相談も多数ありました。

 

実は、まぶたの乾燥は、メイクを丁寧に落とすだけではダメなんです。

 

普段、長時間、アイメイクをしていますので、メイクを落とした後、十分にまぶたのケアをしなくてはなりません。

 

十分なケアというのが、保湿です。

 

長時間のアイメイクで負担がかかったまぶたに十分な栄養(ここでは保湿)を与えて、ねぎらってあげなければいけませんね。

 

その意味で、まぶたの保湿が非常に重要となります。

 

それともう一つ、UVケアです。

 

しっかりとUVケアをしなければ、まぶたは紫外線により乾燥しますのでこちらの対策も必要となります。

 

つまり、まぶたの乾燥を防ぐためには、保湿ケアとUVケアが重要ということになります。

 

今回は、保湿ケアについて説明していきたいと思います。最後に管理人オススメの保湿化粧品もご紹介していますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

                                  

 


 

ページの先頭へ