[医師監修]まぶたの脂肪は注射で解消-BNLS neo編

まぶたの脂肪が気になるけど、どうしたら解消できるだろーか?

 

「日常生活の見直しで解消」・「マッサージで解消」・「メイクテクニックで解消」などやれることはやってきたと思います。

 

もちろん、寝る前の水分の取り過ぎに注意したり、深酒を注意したり、枕を高くして寝たりして少しでもまぶたがむくむような行動は控えながら、マッサージをしてむくみ解消することに努めるのは重要です。

 

しかし、それだけでは、あまりにも分厚いまぶたの重みは解消しない方も大勢いると思います。

 

そこで、美容整形に頼って、まぶたの脂肪を除去してみるのも一つの方法かと思います。

 

美容整形だと手術のイメージが強いかもしれませんが、現在の美容整形事情は、昔とは少し異なり、レーザーや注射など手術以外の方法が非常に発展してきています。

 

多くの方は、やはり手術によって腫れたり・内出血がでたり、トラブルが起こりそうな手術はできればしたくないというのが本音です。

 

美容整形業界もお客様のニーズに答えるため、手術以外の様々な治療が研究され、レーザーや注射系の治療がここ20年くらいで飛躍的に発展し、皆様が安全でダウンタイムが少ない治療を効果的に受けることができるようになりました。

 

まぶたの脂肪に対しての治療も、注射でまぶたの脂肪を除去する治療が存在します。

 

代表的な治療として脂肪溶解注射(メソセラピー)」・「BNLS neo」の2種類が主な治療としてあります。

 

今回は、その中でもダウンタイムがほとんどでない「BNLS neo」についてご紹介します。

 

前回は、脂肪溶解注射(メソセラピー)についてご説明しましたので、気になる方はコチラもお読みください。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]まぶたの脂肪を注射で除去し、目を大きくする方法!-脂肪溶解注射編

「厚ぼったいまぶたが嫌だなー」・「まぶたの脂肪が嫌だなー」・「まぶたが重い」・「目つきが悪い印象が嫌」などまぶたの厚みがあることで、顔の印象があまりよく見られないことがあります。

 

顔の印象を変えるために、目元のメイクを色々試してみても、「まぶたの脂肪だけはどうにもならない」・「まぶたが厚いためにアイメイクもきまらない」という方も多いと思います。

 

そこで最終手段は美容整形です。

 

手術は嫌」・「怖い」・「腫れるから嫌」・「仕事休めないから無理」など、美容整形で施術をしようと思うと、効果はありそうだけど、ダウンタイムを考えると仕事の休みなど都合がつきにくかったり、痛みなどの恐怖が先行して施術にふみきれなかったりする人もいます。

 

確かに、まぶたの脂肪を除去する手術は、激的な効果があり、1回の施術で済みますので魅力的ですが、皆様の想像している通り、治療後の腫れや内出血が目立ってしまう治療もあります。

 

今回は、美容整形のまぶたの脂肪を除去していく方法の中で、比較的ダウンタイムが短く、リスクやダメージの少ない注射でまぶたの脂肪を取っていく方法をご紹介します。

 

「注射で厚ぼったいまぶたは解消されるの?」と思うかもしれませんが、かなり効果的な治療です。

 

まぶたの厚みは、脂肪(眼窩脂肪)が多くついているため厚みがあり、ポテッとしたまぶたになっています。

そこに脂肪を「溶かす」・「燃やす」ための薬剤を注射することでまぶたの脂肪を除去し、厚みを軽減していく方法です。

 

ボディーや顔のダイエットで使用することが多い治療ですが、まぶたの脂肪にもかなり効果があります。

 

代表的な治療法が、「脂肪溶解注射(メソセラピー)」・「BNLS neo」・「メタボライツ+リポトロフィン」などがあります。

 

手軽で効果的な治療ですので、是非、参考にしてみてください。

 

脂肪溶解注射(メソセラピー)で厚ぼったいまぶたを解消しよう!

 

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]まぶたの脂肪をスッキリ解消して目を大きくする!

 

一重や奥二重の方の多くに、まぶたの脂肪が嫌という声が多くよせられます。

 

実際に二重整形を希望する方の中にも、まぶたの厚みも気になるので一緒に治療することができれば何とかしたいと、カウンセリング時で相談される方もいます。

 

一重や奥二重方は、アイメイク・つけまつ毛など一重や奥二重に似合う方法で目を大きく見せる方法はいくつかありますが、厚ぼったいまぶたの場合、アイプチも使いにくいし、アイメイクも思っているほど決まらないというケースもあると思います。

 

10代は、まぶたが厚ぼったいケースが多いですが、年齢とともに、まぶたの脂肪は無くなってくることもあります。

 

しかし、年齢を重ねてもまぶたの厚みが改善されない場合は、目の構造によるものなので、自然とまぶたの脂肪が無くなってくることはありません。

 

そこで、まぶたの脂肪を改善する方法として、美容整形治療のまぶたの脂肪取りがあります。

 

美容整形でまぶたの脂肪を取る方法は、まぶたのどの部分の脂肪を取るかにより、方法も異なってきます。

 

注射で除去する方法・小さな穴から取る方法・切開して取る方法などに分かれますので、しっかりと説明していきますね。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]オススメ無添加保湿!厳選4商品!

 

二重幅が狭くなったり、まぶたが厚くなってアイプチでは二重ラインが織り込めなくなったり、まぶたがたれてきたりする原因の一つに、まぶたの乾燥があります。

 

まぶたが乾燥すると様々な保湿因子が壊れ、まぶたに弾力がなくなり、「まぶたのたるみの出現」・「二重幅が狭くなる」・「くぼみ目になる」・「二重ラインがメイクで作れない」などの現象が起きます。

 

老化現象でまぶたの弾力はだんだんと失われてきますが、最近では、若者にもまぶたの乾燥が目立つようになり、管理人が美容整形に勤めていたころにも、二重ラインが急に狭くなったなどの相談がありました。

 

普段、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが乾燥してしまうのは何故なんだろう?という相談も多数ありました。

 

実は、まぶたの乾燥は、メイクを丁寧に落とすだけではダメなんです。

 

普段、長時間、アイメイクをしていますので、メイクを落とした後、十分にまぶたのケアをしなくてはなりません。

 

十分なケアというのが、保湿です。

 

長時間のアイメイクで負担がかかったまぶたに十分な栄養(ここでは保湿)を与えて、ねぎらってあげなければいけませんね。

 

その意味で、まぶたの保湿が非常に重要となります。

 

それともう一つ、UVケアです。

 

しっかりとUVケアをしなければ、まぶたは紫外線により乾燥しますのでこちらの対策も必要となります。

 

つまり、まぶたの乾燥を防ぐためには、保湿ケアとUVケアが重要ということになります。

 

今回は、保湿ケアについて説明していきたいと思います。最後に管理人オススメの保湿化粧品もご紹介していますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

                                  

 


 

ページの先頭へ