[医師監修]二重の幅が広すぎて眠たい目に見えるまぶたの解決法!

世の中の人は、「クッキリした二重ラインにしたい」・「一重なので二重にしたい」・「芸能人のような幅の広い二重

ラインにしたい」などの願望が圧倒的に多いです。

 

そのために、アイメイク・つけまつ毛・アイプチ・美容整形などあらゆる手段を使って、二重ラインを作ったり、広くしたりします。

 

しかし、中には、二重ラインが広すぎて、いつも眠たい目に見えることで悩んでいる方もいます。

 

「元々、二重ラインが広い方」・「美容整形で二重ラインを広く作りすぎた方」などの悩みです。

 

「二重ラインがあるからいいじゃん」と一重の方は思うかもしれませんが、二重ラインが広すぎると、ほんと眠たい目に見えてしまったり、老けてみえてしまうこともあります。

 

おなじガチャピンでも二重ラインが広い方が眠たい目にみえませんか?

 

二重幅が狭い方がはっきりした目に見えませんか?

 

二重幅は広ければ目が大きく見えるというわけではありません。

 

広すぎると逆に目が小さく見えたり、眠たい目に見えます。

 

メイクでは中々、カバーできないのです。

 

では二重幅が広くて悩んでいる方はどのようにして解決したらよいのか、答は美容整形治療で二重幅を狭くするという方法があります。

 

メジャーな方法ではありませんが、美容整形手術の失敗で広すぎる二重幅になってしまった状態を修正するための治療として存在しています。

 

元々は修正目的でしたが、世の中には美容整形で二重ラインを広くしたわけではない「元々二重ラインが広い方」のニーズもあるということで、「天然の広い二重幅の方」にも治療を行うようになりました。

 

二重幅を狭くする治療は、美容整形医師であればだれでもできる治療ではありません。修正治療にたけていなければできない治療となりますので、もし、広い二重幅でお悩みの方は、修正できるか受診予定のクリニックでしっかりとカウンセリングを受け判断しなければなりません。

 

そのためには、ある程度、事前知識があったほうがよいと思いますので、今回は二重幅を狭くする方法について説明していきます。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]目尻切開法の失敗・トラブル・解決法

目尻切開法は、目尻側の目を切開して、目を大きくする方法です。

 

目の横幅・目尻の縦幅が大きくなります。

 

二重ラインもしっかりあり、目頭切開法も施術して、蒙古ヒダも無くなり、けど、もっと目を大きくしたいという場合は目尻切開法を行うしかありません。

 

美容整形治療の中では、「二重を作る方法の二重埋没法」・「二重切開法」、「蒙古ヒダを取って平行型二重にする目頭切開法」、「まぶたのたるみを除去する目の上のたるみ取り」などの治療に比べ、目尻切開法はニーズが多い治療ではありません。

 

しかし、上記の方法をすでに施術しているけど、もっと目を大きくしたいという時には、目尻切開法が最適です。

 

印象としては、クールで切れ長な大きい目といった感じになります。

 

トラブルは非常に少ない治療ですが、リスクが全く無いという治療はありませんので、考えられるリスクやトラブルを紹介します。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]二重埋没法の保証って何?

二重埋没法は、手軽に二重を作ることができ、目を大きく見せる方法としては、美容整形の中では、ごく一般的な方法として多くの方が受けられている治療の一つです。

 

しかし、二重埋没法の欠点は、治療する前のまぶたに戻ってしまうことがあります。

 

せっかくデカ目になったのに、以前の目に戻ってしまうなんて、そんなの詐欺的な治療じゃないの?と思われる方もいると思いますが、二重埋没法とは、戻ってしまうのは仕方がない治療なのです。

 

戻ってしまう可能性はあるということは、カウンセリングで十分に説明していると思いますので、詐欺的な治療なわけではありません。

 

では、何故、多くの方が治療をするのかと言いますと、戻りづらい治療の二重全切開法だと腫れや内出血などが強く出てしまい、治るまでのダウンタイムが長いということやコストが高いということで、腫れや内出血が少ない低コストの二重埋没法を選ぶ方が多いということなのです。

 

「じゃーどーしたらいいの?」

戻ってしまうのが嫌であれば二重全切開法を選ぶ、戻ってしまってもしょうがないと思えるのであれば、手軽な二重埋没方法を選ぶという何かしらのデメリットを選択しなければなりません。

 

でもがっかりしすぎないでください。

 

二重埋没法で二重全切開と同じように戻らなくすることはできませんが、戻った場合に、コストがかからず再治療をしてくれる保証制度があります。

 

多くの美容整形クリニックで二重埋没方法の保証制度を設けています。

 

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]まぶたの脂肪は注射で解消-BNLS neo編

まぶたの脂肪が気になるけど、どうしたら解消できるだろーか?

 

「日常生活の見直しで解消」・「マッサージで解消」・「メイクテクニックで解消」などやれることはやってきたと思います。

 

もちろん、寝る前の水分の取り過ぎに注意したり、深酒を注意したり、枕を高くして寝たりして少しでもまぶたがむくむような行動は控えながら、マッサージをしてむくみ解消することに努めるのは重要です。

 

しかし、それだけでは、あまりにも分厚いまぶたの重みは解消しない方も大勢いると思います。

 

そこで、美容整形に頼って、まぶたの脂肪を除去してみるのも一つの方法かと思います。

 

美容整形だと手術のイメージが強いかもしれませんが、現在の美容整形事情は、昔とは少し異なり、レーザーや注射など手術以外の方法が非常に発展してきています。

 

多くの方は、やはり手術によって腫れたり・内出血がでたり、トラブルが起こりそうな手術はできればしたくないというのが本音です。

 

美容整形業界もお客様のニーズに答えるため、手術以外の様々な治療が研究され、レーザーや注射系の治療がここ20年くらいで飛躍的に発展し、皆様が安全でダウンタイムが少ない治療を効果的に受けることができるようになりました。

 

まぶたの脂肪に対しての治療も、注射でまぶたの脂肪を除去する治療が存在します。

 

代表的な治療として脂肪溶解注射(メソセラピー)」・「BNLS neo」の2種類が主な治療としてあります。

 

今回は、その中でもダウンタイムがほとんどでない「BNLS neo」についてご紹介します。

 

前回は、脂肪溶解注射(メソセラピー)についてご説明しましたので、気になる方はコチラもお読みください。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]美容整形で可愛いタレ目を作ろう!

タレ目の印象は可愛らしい大きな目といった印象の目ですよね。

 

相手に与える印象はとてもよく、「優しい感じ」・「目がうるうるしている感じ」・「まもってあげたい感じ」・「可愛い」・「若く見える」・「親しみやすい」など、どれをとってもよい印象ばかりです。

 

タレ目で損をしている人は少ないのではないでしょうか?

 

芸能人もタレ目の方が非常に多く、好感度が高い芸能人ばかりで、しかも皆かわいいいです。

代表的な芸能人で石原さとみさんなどがいます。

 

男性は、タレ目女子が好きな人も多いんです。

 

それだけタレ目は魅力的な目ということです。

 

では、タレ目にする方法はどんな方法があるでしょうか?

 

メイク技術さえあれば、ある程度タレ風に見せることができます。しかし、メイクでは限界があるのも事実です。

 

そこで今回は、美容整形でタレ目にする治療方法をご紹介します。

 

以前に、注射でタレ目形成にする方法もご紹介しましたが、気になる方はコチラもお読みください(タレ目芸能人も載っています。)

 

ボトックス注射でタレ目にする方法もありますが、デメリットは、効果が3ヶ月~6ヶ月くらいで無くなってしまうことです。

 

せっかくタレ目になったけど、半年で戻ってしまうのは、残念だなーと思っている方もいると思います。

 

今回は、手術によるタレ目形成、別名「グラマラスライン形成」・「下眼瞼下制」なども呼ばれ、効果持続は、永続的で、タレ目ボトックスに比べ効果もかなり大きいです。

 

大きく変化を求める方には、タレ目形成(グラマラスライン)をお勧めいたします。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]まぶたの脂肪を注射で除去し、目を大きくする方法!-脂肪溶解注射編

「厚ぼったいまぶたが嫌だなー」・「まぶたの脂肪が嫌だなー」・「まぶたが重い」・「目つきが悪い印象が嫌」などまぶたの厚みがあることで、顔の印象があまりよく見られないことがあります。

 

顔の印象を変えるために、目元のメイクを色々試してみても、「まぶたの脂肪だけはどうにもならない」・「まぶたが厚いためにアイメイクもきまらない」という方も多いと思います。

 

そこで最終手段は美容整形です。

 

手術は嫌」・「怖い」・「腫れるから嫌」・「仕事休めないから無理」など、美容整形で施術をしようと思うと、効果はありそうだけど、ダウンタイムを考えると仕事の休みなど都合がつきにくかったり、痛みなどの恐怖が先行して施術にふみきれなかったりする人もいます。

 

確かに、まぶたの脂肪を除去する手術は、激的な効果があり、1回の施術で済みますので魅力的ですが、皆様の想像している通り、治療後の腫れや内出血が目立ってしまう治療もあります。

 

今回は、美容整形のまぶたの脂肪を除去していく方法の中で、比較的ダウンタイムが短く、リスクやダメージの少ない注射でまぶたの脂肪を取っていく方法をご紹介します。

 

「注射で厚ぼったいまぶたは解消されるの?」と思うかもしれませんが、かなり効果的な治療です。

 

まぶたの厚みは、脂肪(眼窩脂肪)が多くついているため厚みがあり、ポテッとしたまぶたになっています。

そこに脂肪を「溶かす」・「燃やす」ための薬剤を注射することでまぶたの脂肪を除去し、厚みを軽減していく方法です。

 

ボディーや顔のダイエットで使用することが多い治療ですが、まぶたの脂肪にもかなり効果があります。

 

代表的な治療法が、「脂肪溶解注射(メソセラピー)」・「BNLS neo」・「メタボライツ+リポトロフィン」などがあります。

 

手軽で効果的な治療ですので、是非、参考にしてみてください。

 

脂肪溶解注射(メソセラピー)で厚ぼったいまぶたを解消しよう!

 

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]もっと目を大きくしたい方は、目尻切開法が最適!

 

美容整形で、目を大きくする方法は、二重にする二重埋没方法・二重全切開法や蒙古ヒダを除去して平行型の二重にする目頭切開法が代表的ですが、目尻側の目を大きくする方法として目尻切開法という方法があります。

 

目尻切開法は目を大きくする方法ではありますが、激的な変化は望めません。目元の印象を変えるといった治療法です。

 

では目尻切開法をすることでどのような印象になるのか?

 

目尻切開法をすることにより、目尻側の白目部分の露出が多くなり、切れ長の目なり、「クールな印象」・「シャープな印象」の顔になります。

 

実は、目尻切開法は、単独でする治療というよりは、タレ目形成(グラマラスライン形成)などと一緒に治療することが多いです。

 

目尻切開法で目尻側の白目部分の露出を多くし、さらにタレ目形成(グラマラスライン形成)で、大きくなった目をタレ目にすることにより、可愛らしい目元を実現できるのです。

 

目尻切開法を単独で行うとクールでシャープな印象の目元になますが、タレ目形成と同時に施術すると、タレ目で可愛らしい印象の目元になります。

 

あなたの理想の目元を実現するために、目尻切開法に興味のある方は、是非、参考にしてください。

 

今回は、目尻切開法にスポットをあてて説明していきます。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]まぶたの脂肪をスッキリ解消して目を大きくする!

 

一重や奥二重の方の多くに、まぶたの脂肪が嫌という声が多くよせられます。

 

実際に二重整形を希望する方の中にも、まぶたの厚みも気になるので一緒に治療することができれば何とかしたいと、カウンセリング時で相談される方もいます。

 

一重や奥二重方は、アイメイク・つけまつ毛など一重や奥二重に似合う方法で目を大きく見せる方法はいくつかありますが、厚ぼったいまぶたの場合、アイプチも使いにくいし、アイメイクも思っているほど決まらないというケースもあると思います。

 

10代は、まぶたが厚ぼったいケースが多いですが、年齢とともに、まぶたの脂肪は無くなってくることもあります。

 

しかし、年齢を重ねてもまぶたの厚みが改善されない場合は、目の構造によるものなので、自然とまぶたの脂肪が無くなってくることはありません。

 

そこで、まぶたの脂肪を改善する方法として、美容整形治療のまぶたの脂肪取りがあります。

 

美容整形でまぶたの脂肪を取る方法は、まぶたのどの部分の脂肪を取るかにより、方法も異なってきます。

 

注射で除去する方法・小さな穴から取る方法・切開して取る方法などに分かれますので、しっかりと説明していきますね。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]目を大きくする方法!二重部分切開法(小切開法・マイクロ切開法)

二重の整形をしたいけど、すぐ戻っちゃうのは嫌だなー」・「取れない二重整形をしたいけど腫れが長引くのは嫌だなー」・「二重全切開する予算がない」など二重整形をしたいと思った時、あなたは、どのようなことで悩みますか?

 

二重整形の代表格は、プチ整形の王道である「二重埋没法」しっかりと二重を作る「二重全切開法」があります。

 

二重埋没法は、10分程度の治療で、腫れや内出血があまりでない(数日で消失)というメリットがありますが、二重が施術前の状態に戻ってしまうというリスクがある方法です。

 

二重埋没法を詳しく知りたい方はコチラも参照してみてください。

 

一方、二重全切開法は、二重ラインが戻る可能性が低い治療で、更に脂肪の厚い方や皮膚の厚みがある方にも対応ができる治療です。デメリットは、腫れ・内出血が2週間程と長いダウンタイムがあることです。

 

二重全切開法と詳しく知りたい方はコチラも参照してみてください。

 

二重埋没法も二重全切開法もどちらもメリット・デメリットが極端な治療です。

 

そこで、二重部分切開法の出番です。

 

腫れや内出血は全切開法より短い期間(1週間程)で二重埋没方法に比べ戻る確率が格段に低いという方法です。

 

二重部分切開法は二重埋没方法と二重全切開法の中間的な位置づけの治療法となります。

 

クリニックよって、「二重小切開法」や「二重マイクロ切開法」と呼ぶクリニックもありますが同類の治療法です。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]涙袋形成のヒアルロン酸注射で知っておくべきこと

涙袋を作るための簡単な方法としてヒアルロン酸注射があります。

 

非常に手軽にできる治療ですが、失敗やトラブルもゼロではありません。

 

涙袋形成のことをしっかり理解し、クリニック選びを間違わなければ、ある程度、失敗やトラブルは避けることができます。

 

せっかく高いお金を払って、自分のイメージ通りにいかなかったということがないように、事前の知識を得ること、万が一、トラブルが起こった時の対処法なども知識として持っておきましょう。

 

また、ヒアルロン酸を注入していきますので、ヒアルロン酸の知識もある程度知っておく必要があります。

 

ヒアルロン酸は種類によって持続期間が違ったりしますので、こちらも説明していきますね。

 

とにかく、涙袋形成は、目を大きくする方法としては、非常に有効な手段で、可愛いデカ目にすることが可能ですので、ある程度、知識があれば問題なく憧れの涙袋を手にいれることができます。

 

では、涙袋形成のトラブルについて説明していきます。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]オススメ無添加保湿!厳選4商品!

 

二重幅が狭くなったり、まぶたが厚くなってアイプチでは二重ラインが織り込めなくなったり、まぶたがたれてきたりする原因の一つに、まぶたの乾燥があります。

 

まぶたが乾燥すると様々な保湿因子が壊れ、まぶたに弾力がなくなり、「まぶたのたるみの出現」・「二重幅が狭くなる」・「くぼみ目になる」・「二重ラインがメイクで作れない」などの現象が起きます。

 

老化現象でまぶたの弾力はだんだんと失われてきますが、最近では、若者にもまぶたの乾燥が目立つようになり、管理人が美容整形に勤めていたころにも、二重ラインが急に狭くなったなどの相談がありました。

 

普段、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが乾燥してしまうのは何故なんだろう?という相談も多数ありました。

 

実は、まぶたの乾燥は、メイクを丁寧に落とすだけではダメなんです。

 

普段、長時間、アイメイクをしていますので、メイクを落とした後、十分にまぶたのケアをしなくてはなりません。

 

十分なケアというのが、保湿です。

 

長時間のアイメイクで負担がかかったまぶたに十分な栄養(ここでは保湿)を与えて、ねぎらってあげなければいけませんね。

 

その意味で、まぶたの保湿が非常に重要となります。

 

それともう一つ、UVケアです。

 

しっかりとUVケアをしなければ、まぶたは紫外線により乾燥しますのでこちらの対策も必要となります。

 

つまり、まぶたの乾燥を防ぐためには、保湿ケアとUVケアが重要ということになります。

 

今回は、保湿ケアについて説明していきたいと思います。最後に管理人オススメの保湿化粧品もご紹介していますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

                                  

 


 

ページの先頭へ