[医師監修]予約・カウンセリング対応で優良美容整形クリニックがわかる!-二重埋没法編

 

目を大きくするための方法として、美容外科治療は、なくてはならない存在です。

 

けど、「やっぱり怖い」・「どのようなクリニックをえらんでよいか?」・「本当に選んだクリニックで大丈夫か?」・「料金はいくらかかるのか?」・「医師の腕はよいのか?」・「リスクはないのか?」などいざクリニックを受診しようと思っても様々な不安が出てくると思います。

 

実際に管理人は美容外科コンサルタントとして、お客様のニーズを把握することも重要な仕事の一つです。

 

今回の記事は美容外科クリニック側からするとあまりうれしくない情報紹介となりますが、美容外科を受診してみたい人へのクリニック選びのポイントを本音で教えちゃいます。

 

もちろん、まっとうに診療している美容外科クリニックにとっては、このような情報紹介は、全く問題ないです。

 

皆様には、そのようなまっとうなクリニックを選んでいただきたいです。

 

クリニックに行って、施術をしてから後悔しても遅いですので、行く前の事前リサーチが重要です。

 

それと施術する前のカウンセリングがとても大切ですので、その辺りをポイントして押させておきましょう。

 

今回は、クリニックの電話での予約の仕方・メールでの予約の仕方のポイント・カウンセリング受診のポイントについて説明していきます。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]オススメ無添加保湿!厳選4商品!

 

二重幅が狭くなったり、まぶたが厚くなってアイプチでは二重ラインが織り込めなくなったり、まぶたがたれてきたりする原因の一つに、まぶたの乾燥があります。

 

まぶたが乾燥すると様々な保湿因子が壊れ、まぶたに弾力がなくなり、「まぶたのたるみの出現」・「二重幅が狭くなる」・「くぼみ目になる」・「二重ラインがメイクで作れない」などの現象が起きます。

 

老化現象でまぶたの弾力はだんだんと失われてきますが、最近では、若者にもまぶたの乾燥が目立つようになり、管理人が美容整形に勤めていたころにも、二重ラインが急に狭くなったなどの相談がありました。

 

普段、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが乾燥してしまうのは何故なんだろう?という相談も多数ありました。

 

実は、まぶたの乾燥は、メイクを丁寧に落とすだけではダメなんです。

 

普段、長時間、アイメイクをしていますので、メイクを落とした後、十分にまぶたのケアをしなくてはなりません。

 

十分なケアというのが、保湿です。

 

長時間のアイメイクで負担がかかったまぶたに十分な栄養(ここでは保湿)を与えて、ねぎらってあげなければいけませんね。

 

その意味で、まぶたの保湿が非常に重要となります。

 

それともう一つ、UVケアです。

 

しっかりとUVケアをしなければ、まぶたは紫外線により乾燥しますのでこちらの対策も必要となります。

 

つまり、まぶたの乾燥を防ぐためには、保湿ケアとUVケアが重要ということになります。

 

今回は、保湿ケアについて説明していきたいと思います。最後に管理人オススメの保湿化粧品もご紹介していますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

                                  

 


 

ページの先頭へ