40代からの目元ナチュラル盛りメイク!

40代のメイクはどうしたらよいか迷っていませんか?

 

あまり極端なメイクをすると無理な若作り感がでるけど、何もしないと老けて見えるし、でもまだまだ綺麗でいたいし、周りからも素敵な女性に見られたい。

 

40代は、生活に疲れ、老けたおばさんに見られる人もいればか、美魔女と呼ばれるようなとても40代には見えないような綺麗な人もいるように、綺麗な女性」・「そうでもない女性」に分かれていく分岐点になる年代が40代です。

 

いつまでも素敵な女性として輝いていたいが、ついつい日々の生活のことでいっぱいになってしまい、女性としての美意識が20代・30代の時とは違い低下してきている方も多くなってしまう年代です。

 

また、20代・30代の時とは違い、どのようなメイクが40代にふさわしいのかわからないという方もいるのではないでしょうか?

 

若い時と同じようなメイクでは、ケバイど派手な感じになってしまうし、かといって何もしないと老けて見えるし、でも、40代のメイクの仕方なんて今までやったことがないし、どのようなメイクが最適なのかもわからない。

今回は、現代の40代に適したメイク方法を「美ST」よりアイメイクをピックアップしましたので参考にしてください。

 

目の印象でお顔全体の印象が90%決定します。

 

まずは、目元のメイクを自分に合った40代メイクにしていくことから始めていきましょう。

 

目元さえバッチリ決まれば、がらりと輝いて見えますので、まだまだ素敵な女性としてライフスタイルを送っていきましょう。

 

今回、ご紹介するメイクは、40代女性の盛りメイクです。

 

盛りメイクって、若いギャルがするメイクじゃないの?

 

40代で盛りメイクをするなんて恥ずかしい」

 

おっしゃる通り、通常、盛りメイクといえばギャルの代表的なメイク、皆様も、20代の頃にしていたかもしれませんね。

 

でも、今回ご紹介する盛りメイクは、現代の40代に合った大人のナチュラル盛メイクです。

 

普段の生活から、ちょっとしたお出かけ・イベントなど色々な用途に適応できる40代盛りメイクです。

 

目元をちょっとナチュラルに盛るだけでかなり印象は変わりますので、是非、試してほしいです。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]オススメ無添加保湿!厳選4商品!

 

二重幅が狭くなったり、まぶたが厚くなってアイプチでは二重ラインが織り込めなくなったり、まぶたがたれてきたりする原因の一つに、まぶたの乾燥があります。

 

まぶたが乾燥すると様々な保湿因子が壊れ、まぶたに弾力がなくなり、「まぶたのたるみの出現」・「二重幅が狭くなる」・「くぼみ目になる」・「二重ラインがメイクで作れない」などの現象が起きます。

 

老化現象でまぶたの弾力はだんだんと失われてきますが、最近では、若者にもまぶたの乾燥が目立つようになり、管理人が美容整形に勤めていたころにも、二重ラインが急に狭くなったなどの相談がありました。

 

普段、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが乾燥してしまうのは何故なんだろう?という相談も多数ありました。

 

実は、まぶたの乾燥は、メイクを丁寧に落とすだけではダメなんです。

 

普段、長時間、アイメイクをしていますので、メイクを落とした後、十分にまぶたのケアをしなくてはなりません。

 

十分なケアというのが、保湿です。

 

長時間のアイメイクで負担がかかったまぶたに十分な栄養(ここでは保湿)を与えて、ねぎらってあげなければいけませんね。

 

その意味で、まぶたの保湿が非常に重要となります。

 

それともう一つ、UVケアです。

 

しっかりとUVケアをしなければ、まぶたは紫外線により乾燥しますのでこちらの対策も必要となります。

 

つまり、まぶたの乾燥を防ぐためには、保湿ケアとUVケアが重要ということになります。

 

今回は、保湿ケアについて説明していきたいと思います。最後に管理人オススメの保湿化粧品もご紹介していますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

                                  

 


 

ページの先頭へ