[医師監修]目の大きさが右と左で違う。目の左右差の解決法!

 

目の左右非対称で悩んでいる方は、美容相談でもかなり多い相談です。

 

実際に、人間は生まれつき、多少なりとも左右非対称なのですが、差が極端ですと目立ってしまいます。

 

鏡の前で、ノートや紙で顔を半分隠して見てください。

 

見慣れたはずの顔でも、右と左では、印象がだいぶ違うはずです。

 

右利き・左利きで、筋肉や脂肪のつき方も変わってきます。

 

右利きの人は、右側が発達していることが多く、右側の筋肉・脂肪・皮膚などが発達してすべての厚みや長さなどが左に比べて強いことが多いです。

 

顔も右利きであれば、右側が発達していることが多いです。

 

右の顔の方が脂肪が多く、皮膚のたるみも強く、筋肉などが発達している傾向があります。左のほうがやせており、たるみは少ないが、しわになりやすい、こけてきやすいといった傾向があります。

 

生まれたばかりのころは、左右差が少ないのですが、成長するにつれて、利き腕の方の体の方がより発達してきますので、左右差も大きくなってきます。

 

左右差がもっともわかりやすいのが目です。そして、皆さんがもっとも気になる左右差も目です。

 

目の左右差といっても、色々なパターンがあります

 

「一重と二重の違いによる左右差」・「目の開きの違いによる左右差」・「目の形が違うことによる左右差」・「眉と目の高さの違いによる左右差」・「くぼみ目の有無による左右差」

などのパターンがあります。

 

今回は、それぞれの違いの修正方法を説明していきたいと思います。

 

自力で左右差を修正できれば一番良いのですが、極端な左右差ですと、メイクなどで修正できる限度がありますので、美容整形などによる修正も考えていく必要があります。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]オススメ無添加保湿!厳選4商品!

 

二重幅が狭くなったり、まぶたが厚くなってアイプチでは二重ラインが織り込めなくなったり、まぶたがたれてきたりする原因の一つに、まぶたの乾燥があります。

 

まぶたが乾燥すると様々な保湿因子が壊れ、まぶたに弾力がなくなり、「まぶたのたるみの出現」・「二重幅が狭くなる」・「くぼみ目になる」・「二重ラインがメイクで作れない」などの現象が起きます。

 

老化現象でまぶたの弾力はだんだんと失われてきますが、最近では、若者にもまぶたの乾燥が目立つようになり、管理人が美容整形に勤めていたころにも、二重ラインが急に狭くなったなどの相談がありました。

 

普段、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが乾燥してしまうのは何故なんだろう?という相談も多数ありました。

 

実は、まぶたの乾燥は、メイクを丁寧に落とすだけではダメなんです。

 

普段、長時間、アイメイクをしていますので、メイクを落とした後、十分にまぶたのケアをしなくてはなりません。

 

十分なケアというのが、保湿です。

 

長時間のアイメイクで負担がかかったまぶたに十分な栄養(ここでは保湿)を与えて、ねぎらってあげなければいけませんね。

 

その意味で、まぶたの保湿が非常に重要となります。

 

それともう一つ、UVケアです。

 

しっかりとUVケアをしなければ、まぶたは紫外線により乾燥しますのでこちらの対策も必要となります。

 

つまり、まぶたの乾燥を防ぐためには、保湿ケアとUVケアが重要ということになります。

 

今回は、保湿ケアについて説明していきたいと思います。最後に管理人オススメの保湿化粧品もご紹介していますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

                                  

 


 

ページの先頭へ