[医師監修]厚ぼったい一重まぶたをナチュラルな二重まぶたにする方法

 

元々一重の方は、綺麗な二重まぶたに憧れる方も多いと思います。

 

一重まぶたも個性があっていいと思うのですが、一般的には、二重まぶたの方が可愛いと認識されています。

 

普段は、アイプチ類で二重を作っているが、「まぶたが赤くなる」・「まぶたがカサカサしてきた」・「毎日、アイプチするのが面倒」・「厚ぼったい目なので二重ラインをうまく作れない日がある」など目ザイクで二重を作るのに限界を感じているのではないでしょうか?

 

整形も考えているが、突然、ド派手な二重になっても嫌だし、ものすごい腫れが出て周りにバレバレになるのも嫌だなーと考え、二重整形に踏み込めない方のために、今回の事例は、厚ぼったいまぶたをナチュラルな二重にする方法をご紹介します。

 

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]オススメ無添加保湿!厳選4商品!

 

二重幅が狭くなったり、まぶたが厚くなってアイプチでは二重ラインが織り込めなくなったり、まぶたがたれてきたりする原因の一つに、まぶたの乾燥があります。

 

まぶたが乾燥すると様々な保湿因子が壊れ、まぶたに弾力がなくなり、「まぶたのたるみの出現」・「二重幅が狭くなる」・「くぼみ目になる」・「二重ラインがメイクで作れない」などの現象が起きます。

 

老化現象でまぶたの弾力はだんだんと失われてきますが、最近では、若者にもまぶたの乾燥が目立つようになり、管理人が美容整形に勤めていたころにも、二重ラインが急に狭くなったなどの相談がありました。

 

普段、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが乾燥してしまうのは何故なんだろう?という相談も多数ありました。

 

実は、まぶたの乾燥は、メイクを丁寧に落とすだけではダメなんです。

 

普段、長時間、アイメイクをしていますので、メイクを落とした後、十分にまぶたのケアをしなくてはなりません。

 

十分なケアというのが、保湿です。

 

長時間のアイメイクで負担がかかったまぶたに十分な栄養(ここでは保湿)を与えて、ねぎらってあげなければいけませんね。

 

その意味で、まぶたの保湿が非常に重要となります。

 

それともう一つ、UVケアです。

 

しっかりとUVケアをしなければ、まぶたは紫外線により乾燥しますのでこちらの対策も必要となります。

 

つまり、まぶたの乾燥を防ぐためには、保湿ケアとUVケアが重要ということになります。

 

今回は、保湿ケアについて説明していきたいと思います。最後に管理人オススメの保湿化粧品もご紹介していますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

                                  

 


 

ページの先頭へ