[医師監修]つり目の人が美容整形で大きな目にする方法・可愛い目にする方法

 

つり目に悩んでいる相談内容と解決法ついてご紹介していきます。

 

同じつり目で悩んでいる方は、参考にしていただければと思います。

 

つり目を改善するには、複数の治療を組み合わせることにより、かなり印象を変えることができますので、美容整形クリニックで十分に相談してみてください。

 

相談内容

私は、つり目なため、外見でかなり損をしているような気がします。

 

人からは、「怒っていないのに機嫌が悪そうに見られたり」「ツンケンしているように見られたり」「男性受けもあまりよくない」など数えればきりがないほど、このつり目で嫌な思いばかりしている気がします。

 

ずーっとこの目で生きてきたので今更しょうがないかとも思っているのですが、そろそろ結婚相手も欲しいし、人から怒っているなど見られてしまうため、必要以上に周りに気を使って生活しているので、週末はどっと疲れてしまい、遊びに行く気にもなれません。

 

「なんか人生このままでいいのかなー」と考え、思い切って整形してみたら、今の自分が変われかもしれない!

 

「けど私みたいなつり目は、美容整形でも無理なのかなー」とか色々思っていましたが、このままでは何も変わらないので、一大決心して美容外科クリニックを受診してみることにしました。

 

今回、ご紹介するのは、つり目でお悩みの30代女性の事例を元に治療法をご紹介していきます。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]オススメ無添加保湿!厳選4商品!

 

二重幅が狭くなったり、まぶたが厚くなってアイプチでは二重ラインが織り込めなくなったり、まぶたがたれてきたりする原因の一つに、まぶたの乾燥があります。

 

まぶたが乾燥すると様々な保湿因子が壊れ、まぶたに弾力がなくなり、「まぶたのたるみの出現」・「二重幅が狭くなる」・「くぼみ目になる」・「二重ラインがメイクで作れない」などの現象が起きます。

 

老化現象でまぶたの弾力はだんだんと失われてきますが、最近では、若者にもまぶたの乾燥が目立つようになり、管理人が美容整形に勤めていたころにも、二重ラインが急に狭くなったなどの相談がありました。

 

普段、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが乾燥してしまうのは何故なんだろう?という相談も多数ありました。

 

実は、まぶたの乾燥は、メイクを丁寧に落とすだけではダメなんです。

 

普段、長時間、アイメイクをしていますので、メイクを落とした後、十分にまぶたのケアをしなくてはなりません。

 

十分なケアというのが、保湿です。

 

長時間のアイメイクで負担がかかったまぶたに十分な栄養(ここでは保湿)を与えて、ねぎらってあげなければいけませんね。

 

その意味で、まぶたの保湿が非常に重要となります。

 

それともう一つ、UVケアです。

 

しっかりとUVケアをしなければ、まぶたは紫外線により乾燥しますのでこちらの対策も必要となります。

 

つまり、まぶたの乾燥を防ぐためには、保湿ケアとUVケアが重要ということになります。

 

今回は、保湿ケアについて説明していきたいと思います。最後に管理人オススメの保湿化粧品もご紹介していますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

                                  

 


 

ページの先頭へ