[医師監修]二重整形がばれない方法!二重整形を考えている人必見!

 

「アイメイク」・「アイプチ」・「つけまつ毛」・「マツパ」・「マツエク」など「毎日のメイクやお手入れが面倒だなー、いっそ整形しちゃいたいなー」と思う方は多いのではないでしょうか?

 

実際に美容整形で最もニーズが多い治療が目元の治療です。

 

その中でも二重埋没法をする方が一番多いです。俗に言うプチ整形ですね。

 

二重整形で自分の理想の目にすることは、それほど難しいことではありません。

 

「二重の幅を広げたい」・「アイプチラインで二重を作って欲しい」・「二重幅の左右差をそろえてほしい」・「とにかく可愛い目にしてほしい」・「目を大きくしたい」

 

など皆様ニーズはそれぞれ違いたくさんありますがほとんどのニーズを美容整形で解決することができます。

 

面倒なアイメイクや目ザイク無しでも、十分可愛い目・大きな目にすることが可能です。

 

しかし、いざ整形するとなると、周りにバレないか!が心配になります。

 

やはり整形直後は、腫れなどがあり不自然な二重ラインとなり、周りにバレてしまう可能性があります。

 

 

腫れは治療を受ける側の体質や医師の腕にも関係してきますが、プチ整形の二重埋没法でも治療直後から治療3日目まではバレやすいです。

 

そこで今回は二重整形後に周りに整形したのがバレない方法をご紹介します。

 

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]二重の整形をしたら元々の二重ラインはどうなる?

「元々、二重だけど、もっと二重の幅を広げたいので、美容整形を受診してみよう。」という方はかなり多いです。

 

美容整形で二重の整形をする方は、昔は、一重の方が二重にするために美容整形を受診するといったケースがほとんどでした。

 

しかし、近年は二重だけど、「もっと可愛い目にするため二重の幅を広げたい」・「もっと目を大きくするために二重の幅を広げたい」というニーズが非常に多いんです。

 

皆様、美意識が高く、「もっとかわいくなりたい」・「美人になりたい」という思いから、美容整形クリニックを受診しています。

 

または、以前に二重整形で二重を作ったが、もっと広い二重幅にしたいなどのケースもあります。

 

そこで、よくある相談で、「二重整形後、元々の二重ラインはどうなるんですか?」という質問を受けます。

 

確かに、治療後、元々の二重ラインが見えてしまっては不自然ですよね。

 

この疑問の答えは、二重整形の方法や二重幅の大きさにより、元々の二重ラインが消えて、新しい二重幅のみになるか、元々の二重ラインが残ってしまい三重になるか異なってきます。

 

様々なケースがありますので、参考にしてください。

 

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]厚ぼったい一重まぶたをナチュラルな二重まぶたにする方法

 

元々一重の方は、綺麗な二重まぶたに憧れる方も多いと思います。

 

一重まぶたも個性があっていいと思うのですが、一般的には、二重まぶたの方が可愛いと認識されています。

 

普段は、アイプチ類で二重を作っているが、「まぶたが赤くなる」・「まぶたがカサカサしてきた」・「毎日、アイプチするのが面倒」・「厚ぼったい目なので二重ラインをうまく作れない日がある」など目ザイクで二重を作るのに限界を感じているのではないでしょうか?

 

整形も考えているが、突然、ド派手な二重になっても嫌だし、ものすごい腫れが出て周りにバレバレになるのも嫌だなーと考え、二重整形に踏み込めない方のために、今回の事例は、厚ぼったいまぶたをナチュラルな二重にする方法をご紹介します。

 

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]離れ目を美容整形で可愛い目・可愛い顔にする方法

 

今回のケーススタディーは、離れ目のコンプレックスを解消する方法についてご紹介します。

 

離れ目が何故、コンプレックスなのかわからない人は、離れ目で悩んでいませんので気にする必要はありませんが、悩んでいる方にとっては、とても深刻なコンプレックスです。

 

離れ目の方は、基本的に「のっぺりした顔」のイメージが強いです。

 

凹凸が少ないため顔がぼやけて見える。もっと強くひどい言い方をすると、ちょっと「あほっぽく」見えます。

 

その反面、おおらかで優しそうな印象も与えるのが離れ目の特徴です。

 

人間の顔が美人に見える理由は、それぞれのパーツのバランスにより決定しています。

 

目だけ見ると大きくて可愛らしい目でも、目の配置によってバランスが悪く顔全体で見た場合には可愛く見えません。

 

ふくわらいが面白いのは、顔のパーツの配置・バランスがめちゃくちゃだから笑えるのと同じです。

 

一つ一つのパーツが可愛くても、配置・バランスが悪いと可愛い顔には見えません。

 

美人の顔には、黄金比というものがあり、顔のパーツとバランスがある一定の割合で配置されていると非常に美しく見えます。

 

この黄金比にできるだけ近い顔が美人とされています。

 

 

ではさっそく、離れ目で悩んでいるAさん23歳のお悩み相談と解決法を見ていきましょう。

相談内容

 

目はとくべつ小さいわけではなく、二重でパッチリしていると思います。

しかし、目と目の間が離れているため、顔が大きく見えたり、ボーッとしている印象を与えます。

 

また、鼻も低いため余計に離れ目と顔のデカさが目立っているように思います。

 

本当に嫌で、毎日鼻をつまんだり、鼻を高くするグッズを使ったり、鼻をたたくと高くなるというのをネットで調べて載っていたので試したりしたのですが、鼻は全然高くならず、むしろ鼻がしばらく赤くなってジンジンしたので、余計なことをするのを止め、美容整形に相談にきました。

 

小さなころは、可愛らしい顔だねと言われていたのですが、現在は、お世辞にも可愛いとは言えません。

 

異性からは「憎めない顔だよね」・「やさしそうだよね」・「安心する顔だよね」など言われますが、ちっとも嬉しくないです。

 

完全に女性とは見られていません。動物的な扱いです。

 

それでも、男性にかまってもらえるだけありがたいのかなーと思い、ニコニコしています。

 

でも、本当は、私だって女性として見てほしいし、恋愛対象としてみてほしいと思い、この離れ目をなんとか解消して、美人にしてほしいです。

 

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]目の大きさが右と左で違う。目の左右差の解決法!

 

目の左右非対称で悩んでいる方は、美容相談でもかなり多い相談です。

 

実際に、人間は生まれつき、多少なりとも左右非対称なのですが、差が極端ですと目立ってしまいます。

 

鏡の前で、ノートや紙で顔を半分隠して見てください。

 

見慣れたはずの顔でも、右と左では、印象がだいぶ違うはずです。

 

右利き・左利きで、筋肉や脂肪のつき方も変わってきます。

 

右利きの人は、右側が発達していることが多く、右側の筋肉・脂肪・皮膚などが発達してすべての厚みや長さなどが左に比べて強いことが多いです。

 

顔も右利きであれば、右側が発達していることが多いです。

 

右の顔の方が脂肪が多く、皮膚のたるみも強く、筋肉などが発達している傾向があります。左のほうがやせており、たるみは少ないが、しわになりやすい、こけてきやすいといった傾向があります。

 

生まれたばかりのころは、左右差が少ないのですが、成長するにつれて、利き腕の方の体の方がより発達してきますので、左右差も大きくなってきます。

 

左右差がもっともわかりやすいのが目です。そして、皆さんがもっとも気になる左右差も目です。

 

目の左右差といっても、色々なパターンがあります

 

「一重と二重の違いによる左右差」・「目の開きの違いによる左右差」・「目の形が違うことによる左右差」・「眉と目の高さの違いによる左右差」・「くぼみ目の有無による左右差」

などのパターンがあります。

 

今回は、それぞれの違いの修正方法を説明していきたいと思います。

 

自力で左右差を修正できれば一番良いのですが、極端な左右差ですと、メイクなどで修正できる限度がありますので、美容整形などによる修正も考えていく必要があります。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]つり目の人が美容整形で大きな目にする方法・可愛い目にする方法

 

つり目に悩んでいる相談内容と解決法ついてご紹介していきます。

 

同じつり目で悩んでいる方は、参考にしていただければと思います。

 

つり目を改善するには、複数の治療を組み合わせることにより、かなり印象を変えることができますので、美容整形クリニックで十分に相談してみてください。

 

相談内容

私は、つり目なため、外見でかなり損をしているような気がします。

 

人からは、「怒っていないのに機嫌が悪そうに見られたり」「ツンケンしているように見られたり」「男性受けもあまりよくない」など数えればきりがないほど、このつり目で嫌な思いばかりしている気がします。

 

ずーっとこの目で生きてきたので今更しょうがないかとも思っているのですが、そろそろ結婚相手も欲しいし、人から怒っているなど見られてしまうため、必要以上に周りに気を使って生活しているので、週末はどっと疲れてしまい、遊びに行く気にもなれません。

 

「なんか人生このままでいいのかなー」と考え、思い切って整形してみたら、今の自分が変われかもしれない!

 

「けど私みたいなつり目は、美容整形でも無理なのかなー」とか色々思っていましたが、このままでは何も変わらないので、一大決心して美容外科クリニックを受診してみることにしました。

 

今回、ご紹介するのは、つり目でお悩みの30代女性の事例を元に治療法をご紹介していきます。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]オススメ無添加保湿!厳選4商品!

 

二重幅が狭くなったり、まぶたが厚くなってアイプチでは二重ラインが織り込めなくなったり、まぶたがたれてきたりする原因の一つに、まぶたの乾燥があります。

 

まぶたが乾燥すると様々な保湿因子が壊れ、まぶたに弾力がなくなり、「まぶたのたるみの出現」・「二重幅が狭くなる」・「くぼみ目になる」・「二重ラインがメイクで作れない」などの現象が起きます。

 

老化現象でまぶたの弾力はだんだんと失われてきますが、最近では、若者にもまぶたの乾燥が目立つようになり、管理人が美容整形に勤めていたころにも、二重ラインが急に狭くなったなどの相談がありました。

 

普段、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが乾燥してしまうのは何故なんだろう?という相談も多数ありました。

 

実は、まぶたの乾燥は、メイクを丁寧に落とすだけではダメなんです。

 

普段、長時間、アイメイクをしていますので、メイクを落とした後、十分にまぶたのケアをしなくてはなりません。

 

十分なケアというのが、保湿です。

 

長時間のアイメイクで負担がかかったまぶたに十分な栄養(ここでは保湿)を与えて、ねぎらってあげなければいけませんね。

 

その意味で、まぶたの保湿が非常に重要となります。

 

それともう一つ、UVケアです。

 

しっかりとUVケアをしなければ、まぶたは紫外線により乾燥しますのでこちらの対策も必要となります。

 

つまり、まぶたの乾燥を防ぐためには、保湿ケアとUVケアが重要ということになります。

 

今回は、保湿ケアについて説明していきたいと思います。最後に管理人オススメの保湿化粧品もご紹介していますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

                                  

 


 

ページの先頭へ