[医師監修]目の下のたるみ取り手術の失敗・リスクと解決法

 

目の下のたるみ・目の下のふくらみは、老化現象の一つとして非常に気にしている方も多いと思います。

 

マッサージなどの自己ケア・エステなどでのお手入れ・美容皮膚などでのレーザー治療など、目の下のたるみやふくらみには色々な対策方法あります。

 

軽度の場合は、自己ケアやレーザーなどで改善することもありますが、明らかに目立ってしまった目の下のたるみ・ふくらみは、自己ケア・エステ・レーザー治療での改善は難しいです。

 

重度の目の下のたるみ・ふくらみの解決法としては、美容整形クリニックでの手術しかありません。

 

美容整形で、目の下のたるみ取りや脂肪除去などの手術をすると、悩んでいたのが嘘のように綺麗にたるみやふくらみが除去された目元になり、10年前に戻ったかのような若返りになります。

 

目元の印象で90%顔の印象が決まります。

 

それだけ目元というのは、顔の中で重要なパーツということになり、その目元がたるんでいると実年齢以上に老けて見られます。

 

目の下のたるみがひどい場合は、美容整形での解決が望ましいです。

 

けど、「手術は怖いなー」・「失敗したらどうしよう」・「腫れや赤味はどれくらいでるんだろう」など様々な不安があるのは当然です。

 

美容整形での治療は、効果は抜群ですが、やはりリスクもあります。

 

医師の腕によっては不満の残る結果になることもあります。

 

今回はリスク・失敗について、失敗予防・対策などを含めて説明していきます。

 

リスクについてしっかり理解し、信用できる美容整形クリニックで施術してもらうことができれば、目の下のたるみ取りは大変すばらしい結果を出し、あなたのお悩みを即時に解決できます。

 

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]目の下のたるみを美容整形手術で解消する方法

 

老け顔を決定づける症状が目の下のたるみです。

 

人の印象は、90%が目元で決まるといわれるほど、目元は相手に与える印象がとても大きいパーツとなります。

 

その目元がたるんでいたり・シワがあったりするだけで、実年齢よりも老けて見られ、疲れてもいないのに、「大丈夫?疲れてない?」など聞かれたり、心配されたりすることもあります。

 

 

何故か、政治家には、目の下のたるみが目立つ方が多いです。

 

大物になるには、目の下のたるみは、必須なのでしょうか?

 

今度、テレビで政治家を見るときは、目の下のたるみに注目して見てください。結構多くの方が、たるんでいたり、膨らんでいたりします。

 

上記の写真は極端な例ですが、明らかにたるみが目立ち、年齢よりかなり老けて見えてしまい、女性にとっては、鏡を見るのも嫌な症状かと思います。

 

加齢によるものが主な原因ですが、遺伝的な要素や日々のケアの怠りなども原因の一つです。

 

今回は美容整形手術で目の下のたるみを解決する方法を解説していきます。

 

自己ケア(化粧品・サプリメント)・自己努力(マッサージ)・美容整形のレーザー治療で何とかなるのであれば、それが一番よいと思います。

 

しかし、「今すぐにでも目の下のたるみをなくしたい」・「結果がなかなかでない」・「自己ケアでは解決しない」この場合は、最終手段として美容整形の手術に頼るしかありません。

 

しかし、「手術は怖いなー」・「ものすごい料金がかかりそう」・「失敗したらどうしよう」など様々な思いが駆け巡り、美容整形の受診をためらってしまうのではないでしょうか?

 

ためらってしまうのは、ごくごく普通の感覚です。

 

やはり手術するかどうかは慎重にならなければなりません。

 

リスク・金額・治療後のダウンタイム期間など、様々なことを考慮しなければなりません。

 

しかし、自分の想像だけで、美容整形の受診をためらっているのであれば、せっかく目の下のたるみを解消するよい方法があるのにもったいないです。

 

手術をするかどうかはカウンセリングを聞いてから、じっくり考えてもよいと思います。

 

まずは、行動することから、あなたのお悩みを解決する第一歩が始まります。

 

とはいえ、何の知識もなく、カウンセリングを受けても話がよく理解できない場合もありますので、事前にしっかりと準備をしてから受診しましょう。

 

今回は、目の下のたるみについて、美容整形ではどのような治療をするのかを解説していきますので参考にしてください。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]オススメ無添加保湿!厳選4商品!

 

二重幅が狭くなったり、まぶたが厚くなってアイプチでは二重ラインが織り込めなくなったり、まぶたがたれてきたりする原因の一つに、まぶたの乾燥があります。

 

まぶたが乾燥すると様々な保湿因子が壊れ、まぶたに弾力がなくなり、「まぶたのたるみの出現」・「二重幅が狭くなる」・「くぼみ目になる」・「二重ラインがメイクで作れない」などの現象が起きます。

 

老化現象でまぶたの弾力はだんだんと失われてきますが、最近では、若者にもまぶたの乾燥が目立つようになり、管理人が美容整形に勤めていたころにも、二重ラインが急に狭くなったなどの相談がありました。

 

普段、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが乾燥してしまうのは何故なんだろう?という相談も多数ありました。

 

実は、まぶたの乾燥は、メイクを丁寧に落とすだけではダメなんです。

 

普段、長時間、アイメイクをしていますので、メイクを落とした後、十分にまぶたのケアをしなくてはなりません。

 

十分なケアというのが、保湿です。

 

長時間のアイメイクで負担がかかったまぶたに十分な栄養(ここでは保湿)を与えて、ねぎらってあげなければいけませんね。

 

その意味で、まぶたの保湿が非常に重要となります。

 

それともう一つ、UVケアです。

 

しっかりとUVケアをしなければ、まぶたは紫外線により乾燥しますのでこちらの対策も必要となります。

 

つまり、まぶたの乾燥を防ぐためには、保湿ケアとUVケアが重要ということになります。

 

今回は、保湿ケアについて説明していきたいと思います。最後に管理人オススメの保湿化粧品もご紹介していますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

                                  

 


 

ページの先頭へ