[医師監修]ボトックス注射の効果・種類・デメリット

美容整形のアンチエイジングの代表的な治療にボトックス注射があります。

 

「目尻のシワ」・「額のシワ」・「眉間のシワ」・「口元の梅干しシワなど、表情筋によって出来るシワの改善!」

 

更には、「タレ目形成」・「ワキ汗」・「小顔注射」・「ふくらはぎ痩せ」などにも抜群の効果があります。

 

まさに美容整形においてアンチエイジングの王道です。

 

その他、ボトックス注射は美容整形以外にも「小児脳性麻痺患者における下肢痙縮に伴う尖足」・「痙性斜頸」・「斜視」など保険治療としても使用されている安全な治療です。

 

このボトックス注射を見逃す手はないです。

 

「美容整形や美容皮膚科で注射なんて怖い」と感じる方も多いと思います。

 

しかし、ボトックス注射は、美容整形などの治療の中では、比較的、手軽な方法で、治療時間も5分~10分程度で終了し、治療から3日後には、効果を十分に実感できます。

 

たった5分で3日後には、あなたの悩みが解決するという夢のような話ですが、事実です。

 

ボトックス注射とはそれだけ威力のある美容治療なのです。

 

「でも、やっぱり怖いし、そんなに効果があるからにはリスクも大きいのではないのか?」

 

もちろん、全くのリスクのない治療はありませんが、正確な情報を手に入れることができれば、リスクの回避もできます。

 

今回は、この効果的なボトックス注射を、安心して施術を受けることができるようにしっかりと解説していきます。

 

人は知らないことに対し、恐怖したり、拒否してしまうものなのです。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]オススメ無添加保湿!厳選4商品!

 

二重幅が狭くなったり、まぶたが厚くなってアイプチでは二重ラインが織り込めなくなったり、まぶたがたれてきたりする原因の一つに、まぶたの乾燥があります。

 

まぶたが乾燥すると様々な保湿因子が壊れ、まぶたに弾力がなくなり、「まぶたのたるみの出現」・「二重幅が狭くなる」・「くぼみ目になる」・「二重ラインがメイクで作れない」などの現象が起きます。

 

老化現象でまぶたの弾力はだんだんと失われてきますが、最近では、若者にもまぶたの乾燥が目立つようになり、管理人が美容整形に勤めていたころにも、二重ラインが急に狭くなったなどの相談がありました。

 

普段、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが乾燥してしまうのは何故なんだろう?という相談も多数ありました。

 

実は、まぶたの乾燥は、メイクを丁寧に落とすだけではダメなんです。

 

普段、長時間、アイメイクをしていますので、メイクを落とした後、十分にまぶたのケアをしなくてはなりません。

 

十分なケアというのが、保湿です。

 

長時間のアイメイクで負担がかかったまぶたに十分な栄養(ここでは保湿)を与えて、ねぎらってあげなければいけませんね。

 

その意味で、まぶたの保湿が非常に重要となります。

 

それともう一つ、UVケアです。

 

しっかりとUVケアをしなければ、まぶたは紫外線により乾燥しますのでこちらの対策も必要となります。

 

つまり、まぶたの乾燥を防ぐためには、保湿ケアとUVケアが重要ということになります。

 

今回は、保湿ケアについて説明していきたいと思います。最後に管理人オススメの保湿化粧品もご紹介していますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

                                  

 


 

ページの先頭へ