[医師監修]つらい更年期障害にはプラセンタ注射を試してみよう!

 

更年期では、卵巣機能の低下により女性ホルモンの分泌が減少してきます。

 

女性ホルモンが減ってくると、病気でもないのに体調がすぐれず、日々、憂鬱な感じになってきます。

 

このように漠然とした体の不調、つまり、精神的・身体的な不定愁訴を更年期障害といいます。

 

更年期障害は、人により症状の現れ方も異なってきます。

 

ほとんど症状が出ない人、日常生活もしんどい人・起きるのもつらい人など様々です。

 

しかも、更年期障害が起こる年齢(50代が一番多い)は、生活環境においても大きな節目の時期と重なります。

 

「子供の進学等による学費の悩み」・「親の介護」・「夫の定年」・「自分が仕事をしていると役職の責任などが重くなる」など、生活環境も大きく変わる時期と更年期障害が重なります。

 

更年期障害だけでもかなりしんどいのに、生活環境も色々と悩みを抱え、身体的にも精神的にも相当負担がかかる時期が更年期です。

 

更年期障害の一般的な治療としては、身体的なアプローチとしてホルモン療法による女性ホルモンの補充、精神的なアプローチでは、睡眠薬や安定剤などの治療法があります。

 

しかし睡眠薬や安定剤は副作用が問題になりますし、女性ホルモンは症状に合った量の判断が非常に難しく、少なすぎると効果がなく、量が多すぎると副作用が出現します。

 

そこで、副作用が少ない万能薬のプラセンタの登場です。

 

プラセンタ注射というと美容的な側面が強いようなイメージがありますが、更年期障害にもかなり威力を発揮します。

 

今回は、更年期障害でお悩みの方に少しでもお役に立つような情報として、更年期障害にたしてのプラセンタ注射についてご紹介します。

 

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]オススメ無添加保湿!厳選4商品!

 

二重幅が狭くなったり、まぶたが厚くなってアイプチでは二重ラインが織り込めなくなったり、まぶたがたれてきたりする原因の一つに、まぶたの乾燥があります。

 

まぶたが乾燥すると様々な保湿因子が壊れ、まぶたに弾力がなくなり、「まぶたのたるみの出現」・「二重幅が狭くなる」・「くぼみ目になる」・「二重ラインがメイクで作れない」などの現象が起きます。

 

老化現象でまぶたの弾力はだんだんと失われてきますが、最近では、若者にもまぶたの乾燥が目立つようになり、管理人が美容整形に勤めていたころにも、二重ラインが急に狭くなったなどの相談がありました。

 

普段、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが乾燥してしまうのは何故なんだろう?という相談も多数ありました。

 

実は、まぶたの乾燥は、メイクを丁寧に落とすだけではダメなんです。

 

普段、長時間、アイメイクをしていますので、メイクを落とした後、十分にまぶたのケアをしなくてはなりません。

 

十分なケアというのが、保湿です。

 

長時間のアイメイクで負担がかかったまぶたに十分な栄養(ここでは保湿)を与えて、ねぎらってあげなければいけませんね。

 

その意味で、まぶたの保湿が非常に重要となります。

 

それともう一つ、UVケアです。

 

しっかりとUVケアをしなければ、まぶたは紫外線により乾燥しますのでこちらの対策も必要となります。

 

つまり、まぶたの乾燥を防ぐためには、保湿ケアとUVケアが重要ということになります。

 

今回は、保湿ケアについて説明していきたいと思います。最後に管理人オススメの保湿化粧品もご紹介していますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

                                  

 


 

ページの先頭へ