[医師監修]つらい更年期障害にはプラセンタ注射を試してみよう!

 

更年期では、卵巣機能の低下により女性ホルモンの分泌が減少してきます。

 

女性ホルモンが減ってくると、病気でもないのに体調がすぐれず、日々、憂鬱な感じになってきます。

 

このように漠然とした体の不調、つまり、精神的・身体的な不定愁訴を更年期障害といいます。

 

更年期障害は、人により症状の現れ方も異なってきます。

 

ほとんど症状が出ない人、日常生活もしんどい人・起きるのもつらい人など様々です。

 

しかも、更年期障害が起こる年齢(50代が一番多い)は、生活環境においても大きな節目の時期と重なります。

 

「子供の進学等による学費の悩み」・「親の介護」・「夫の定年」・「自分が仕事をしていると役職の責任などが重くなる」など、生活環境も大きく変わる時期と更年期障害が重なります。

 

更年期障害だけでもかなりしんどいのに、生活環境も色々と悩みを抱え、身体的にも精神的にも相当負担がかかる時期が更年期です。

 

更年期障害の一般的な治療としては、身体的なアプローチとしてホルモン療法による女性ホルモンの補充、精神的なアプローチでは、睡眠薬や安定剤などの治療法があります。

 

しかし睡眠薬や安定剤は副作用が問題になりますし、女性ホルモンは症状に合った量の判断が非常に難しく、少なすぎると効果がなく、量が多すぎると副作用が出現します。

 

そこで、副作用が少ない万能薬のプラセンタの登場です。

 

プラセンタ注射というと美容的な側面が強いようなイメージがありますが、更年期障害にもかなり威力を発揮します。

 

今回は、更年期障害でお悩みの方に少しでもお役に立つような情報として、更年期障害にたしてのプラセンタ注射についてご紹介します。

 

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]プラセンタ注射の副作用

 

プラセンタ注射は、シワ・たるみ・美白・シミ改善・ニキビ・肌荒れ改善・肩こり・疲労回復など美容分野では、欠かすことができない治療です。

 

注射だけなので、気軽に治療でき、料金もそれほど高くないため、お客様には絶大の人気治療の一つとなっています。

 

また、美容整形クリニック勤務のスタッフも一度は間違いなくプラセンタ注射を受けています。

 

何故このように人気があるのかというとプラセンタ注射の効果が色々な症状に効果があるからなのです。

 

プラセンタ注射の原料は胎盤から抽出したエキスです。

 

胎盤は赤ちゃんに必要な栄養素がたくさん含まれており、赤ちゃんを成長させるための栄養素を含んだプラセンタ注射を私たちの体内に取り込む治療なのです。

 

たった1本の注射にあらゆる症状に対して効果的な薬剤というのは、他に類をみません。

 

プラセンタ注射が他の薬剤と大きく異なるのは、ある一定の症状のみに作用するのではなく、あらゆる症状に対し作用し、健康な状態に戻すというのが特徴です。

 

つまり、たるみの細胞が多くあれば、新しい健康的な細胞に戻そうとし、それがたるみ改善につながります。

 

ニキビが出現していれば、炎症を抑えようと作用し、ニキビが改善していきます。

 

お顔がくすんでいれば、メラニンを多く含んだ古い細胞を押し出し、新しい細胞を作り、くすみが改善し、美白をもたらします。

 

これらは一例に過ぎません。

 

プラセンタ注射は、あらゆる症状に対し、元の健康な状態に戻そうとする働きがあるので「万能薬」とも言われています。

 

美容医療だけではなく、婦人科・内科・精神科・整形外科・耳鼻科・歯科などあらゆる科目でプラセンタ注射は活躍しています。

 

 

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]プラセンタ注射のメルスモンとラエンネックを徹底比較

皆さんは病気になったら当然、病院にかかりますよね。

 

病院で原因となる病気の薬の処方や注射などで治療を受け、病気を治していくのがごく当たり前です。

 

例えば、血圧が高ければ血圧を下げる薬を服用します。

 

逆に血圧が低ければ血圧を下げる薬を処方され服用します。

 

「それがどうしたの?当たり前でしょ?プラセンタ注射と関係があるの?」

 

その通り、問題なく作用した場合には当たり前の処置となります。

 

問題なくと言ったのは、薬は量や処方を間違うと効きすぎてしまい、予期せぬ副作用が生じる可能性があります。

 

血圧が高ければ、血圧を下げる薬を処方されますが、血圧が下がり過ぎて低血圧症になってしまうこともあります。

 

逆に血圧を上げる薬を服用すると上がり過ぎてしまうこともあります。

 

このように西洋医学は一方向の効果となります。

 

通常はよい作用に働くのですが、一方向の効果ゆえの弊害もあるということです。

 

ここでプラセンタの出番です。

 

プラセンタの選択性効果という言葉に注目したいです。

 

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]万能美容効果のプラセンタ注射!美容整形スタッフ自身が必ずやる注射!

 

美容整形に勤めているスタッフって綺麗な人が多いなーと思いませんか?

 

美を扱う仕事ですので、元々綺麗な方を採用しているケースも多いのですが、その綺麗を維持するために努力はしています。

 

美容整形クリニックに勤めてる特権として、施術を無料もしくは職員割引で受けることができます。

 

美容手術・レーザー治療・美容注射など自分のニーズに応じて施術を受けています。

 

その中でもスタッフのほとんどが経験する治療がプラセンタ注射です。

 

美容整形に勤務するスタッフのほとんどがプレセンタ注射の魅力の虜となります。

 

大袈裟ではありませんよ。

 

本当に大人気の治療の一つなんです。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]オススメ無添加保湿!厳選4商品!

 

二重幅が狭くなったり、まぶたが厚くなってアイプチでは二重ラインが織り込めなくなったり、まぶたがたれてきたりする原因の一つに、まぶたの乾燥があります。

 

まぶたが乾燥すると様々な保湿因子が壊れ、まぶたに弾力がなくなり、「まぶたのたるみの出現」・「二重幅が狭くなる」・「くぼみ目になる」・「二重ラインがメイクで作れない」などの現象が起きます。

 

老化現象でまぶたの弾力はだんだんと失われてきますが、最近では、若者にもまぶたの乾燥が目立つようになり、管理人が美容整形に勤めていたころにも、二重ラインが急に狭くなったなどの相談がありました。

 

普段、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが乾燥してしまうのは何故なんだろう?という相談も多数ありました。

 

実は、まぶたの乾燥は、メイクを丁寧に落とすだけではダメなんです。

 

普段、長時間、アイメイクをしていますので、メイクを落とした後、十分にまぶたのケアをしなくてはなりません。

 

十分なケアというのが、保湿です。

 

長時間のアイメイクで負担がかかったまぶたに十分な栄養(ここでは保湿)を与えて、ねぎらってあげなければいけませんね。

 

その意味で、まぶたの保湿が非常に重要となります。

 

それともう一つ、UVケアです。

 

しっかりとUVケアをしなければ、まぶたは紫外線により乾燥しますのでこちらの対策も必要となります。

 

つまり、まぶたの乾燥を防ぐためには、保湿ケアとUVケアが重要ということになります。

 

今回は、保湿ケアについて説明していきたいと思います。最後に管理人オススメの保湿化粧品もご紹介していますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

                                  

 


 

ページの先頭へ