[医師監修]ヒアルロン酸注射の種類「涙袋形成」・「シワ改善」・「鼻を高くする」に最適なヒアルロン酸注射はどれ?

ヒアルロン酸注射は涙袋以外にも、シワを消す・くぼみ目を解消する・鼻を高くする・胸を大きくする・ほほをふくらませるなど様々な用途で使用されます。

 

様々な部位で注入されるということは、それだけニーズも多く、確立された治療ということが言えます。 

 

「あなたはヒアルロン酸にはたくさんの種類があるのをしっていましたか?」

                  

そこで、あなたが気になるヒアルロン酸の料金やリスク・そして種類ついて徹底的に見ていきましょう。

 

ヒアルロン酸注射は、クリニックよって料金は全く異なります。

 

どうして同じヒアルロン酸でもクリニックよって料金が違うの?

 

それは、ヒアルロン酸の使用量や種類によって、料金が異なるのとクリニックの方針により大きく料金が変わります。

 

皆さんは、クリニックで「ヒアルロン酸注射は、この料金になりますよ」と言われたら、「そうなんだ」と納得するかもしれませんが、もしかすると非常に高値でヒアルロン酸注射をされている可能性もあるのです。

 

「えー、そんなことがあるの?」

 

クリニックも利益を出さなければ運営できませんので、そのクリニックの方針や損益分岐点によりヒアルロン酸の料金を設定しています。

 

クリニックにより大きく料金が異なるのは、そういった理由なんです。

 

なるべく標準的な料金で注入できるクリニックを見つけることができれば幸いです。

ただし、種類などが明記されておらず、低料金の場合は、粗悪なヒアルロン酸の可能性もありますので注意が必要です。

 

ヒアルロン酸の種類・使用部位ごとの標準的料金などを記載していきますので、ヒアルロン酸注射を受けるクリニック選びの参考にしてください。

>> 続きを読む

  • はてなブックマーク

[医師監修]オススメ無添加保湿!厳選4商品!

 

二重幅が狭くなったり、まぶたが厚くなってアイプチでは二重ラインが織り込めなくなったり、まぶたがたれてきたりする原因の一つに、まぶたの乾燥があります。

 

まぶたが乾燥すると様々な保湿因子が壊れ、まぶたに弾力がなくなり、「まぶたのたるみの出現」・「二重幅が狭くなる」・「くぼみ目になる」・「二重ラインがメイクで作れない」などの現象が起きます。

 

老化現象でまぶたの弾力はだんだんと失われてきますが、最近では、若者にもまぶたの乾燥が目立つようになり、管理人が美容整形に勤めていたころにも、二重ラインが急に狭くなったなどの相談がありました。

 

普段、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが乾燥してしまうのは何故なんだろう?という相談も多数ありました。

 

実は、まぶたの乾燥は、メイクを丁寧に落とすだけではダメなんです。

 

普段、長時間、アイメイクをしていますので、メイクを落とした後、十分にまぶたのケアをしなくてはなりません。

 

十分なケアというのが、保湿です。

 

長時間のアイメイクで負担がかかったまぶたに十分な栄養(ここでは保湿)を与えて、ねぎらってあげなければいけませんね。

 

その意味で、まぶたの保湿が非常に重要となります。

 

それともう一つ、UVケアです。

 

しっかりとUVケアをしなければ、まぶたは紫外線により乾燥しますのでこちらの対策も必要となります。

 

つまり、まぶたの乾燥を防ぐためには、保湿ケアとUVケアが重要ということになります。

 

今回は、保湿ケアについて説明していきたいと思います。最後に管理人オススメの保湿化粧品もご紹介していますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

                                  

 


 

ページの先頭へ