[医師監修]疲れ目は目力が落ち、目が小さくなる

  • はてなブックマーク

 

目が疲れると段々、目がショボショボしてきますよね。

 

目力も落ち、目が小さく見えてしまいます。疲れ目は、目の周りの眼輪筋が常に緊張状態にあり、疲労が蓄積したため、ショボショボして疲れてしまうのです。

 

原因は、様々ありますので、一つ一つ予防・対策をとっていき、目力が落ちて、小さな目になるのを防ぎましょう。

 

 

     パソコン・スマホによる疲れ目と対策

 

パソコンやスマホに集中し、まばたきを忘れることが続くため、極度に目の筋肉(眼輪筋)に負担がかかり、ショボショボしてきます。

 

対策
  • 時々、画面から目を離し、まばたきしたり、遠くをみるなど してください。その時に目の周りのマッサージなども有効です。

 

  • 暗い部屋でパソコンやスマホを操作しない。画面より部屋や周りの環境が暗いと疲れ目の原因となります。

  • ビタミンA・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンEなど疲れて目によい栄養素を摂取する。

 

  • ビタミンA:うなぎ・レバー・にんじん・小松菜など
  • ビタミンB:うなぎ・牡蠣・あさり・マグロ・さんま・イワシ・たらこ・豚肉・レバー・納豆・バナナなど
  • ビタミンC:いちご・みかん・キウイ・赤ピーマンなど
  • ビタミンD:鮭・さんま・舞茸・シイタケなど
  • ビタミンE:うなぎ・はまち・たらこ・落花生・アーモンド・くるみ・かぼちゃなど
  • その他:ブルーベリー・黒酢・青魚・にんにく

 

食事だけで摂取するのが難しい場合は、サプリメントなどで補うのも一つの手段かと思います。

 

  • 目薬を一つ常時持ち歩く。ビタミンやヒアルロン酸配合の目薬などがよいです。コンタクトレンズを使用している方は、コンタクト用目薬がよいです

 

  • 目を温め、血行促進を促す。ホットアイマスクなどで温めたり、レンジで温めたおしぼりを目にあてるなどすると効果的です。

 

 

     疲れ目をゴシゴシ擦ると腫れぼったい小さな目になってしまう!

 

目が疲れてくると目をゴシゴシ擦ったり、強く押さえつけることがあるかと思います。

 

しかし、目をこすると、目の周りの毛細血管にダメージが加わり、それで腫れぼったい目になってしまいます。目の周りの皮膚は薄いので擦ってはダメです。

 

また、花粉症などの時期に目がかゆくなりゴシゴシこするのも非常にまずいです。

 

ゴシゴシ擦ると腫れぼったい目になり、目が小さくみえてしまいます。そうならないための対策を考えていきましょう。

 

対策

花粉症の場合、まずは病院で花粉症の薬などを処方してもらい対処するのが一番です。

 

ご自身では、目を冷やしたりするアイパックなどで対策するのがよいかと思います。

 

アイメイクを落とすときに、ゴシゴシとこするのもまずいです。

 

アイメイク専用の肌にやさしい意成分のリムーバーでアイメイクを落とすのがよいです。

 

 

     まとめ

 

現代の生活では、PCやスマホを見ている時間が、長時間になってしまうのは仕方がないことだと思います。

 

仕事や友達付き合いで必需品ですもんね。

 

管理人もPCをいじっている時間が長いので、目がショボショボしてくることがあります。

 

目薬は常に持ち歩いて、PCで作業している時は、意識的に、PCから目を離し、遠くを見る時間を設定しています。

 

結果、作業効率もあがり、目が疲れづらくなって、万々歳です。

 

 

  • はてなブックマーク

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ