[医師監修]マッサージとエクササイズで目を大きくする方法

  • はてなブックマーク

 

目を大きくする方法は、何も美容整形・メイク・カラコンだけではないです。もちろん、それらは強烈に印象を変えることができますが、日常生活で簡単に目を大きくする方法だってあるんです。

 

それが、マッサージやエクササイズです。

 

美容整形なみの効果はありませんが、お金をかけずに、毎日の習慣で今より少しでも目を大きくし、スッキリした目元にするための方法をご紹介しますね。

 

     マッサージ・エクササイズの事前準備

 

 

  • 手を清潔にする(手洗い)
  • できれば、オイルや保湿クリーム・美容クリームがあればグッドです
  • 10分早起き(これ重要!)

 

     マッサージ実践編

 

 

マッサージの目的は、目の上や目の下の脂肪を減らし、目元をスッキリさせ、目を大きくすることです。目の周りの脂肪が、減ると印象がだいぶかわりますよ。

 

10分早起きは、朝は、目のむくみがとても強いのです。目元に水分が溜まっているため、マッサージすることにより、脂肪の燃焼の他に、目のむくみ解消にもつながります。

 

 

 

 

では、早速はじめていきます。まずは、上瞼のマッサージを行います。中指の腹で、目頭側から目尻側にやさしくなぞるようにマッサージしていきます。10回ほど行ってください。

 

 

 

次に、ゲンコツを作って、人差し指の第2関節で上瞼を目頭側から目尻側にやさしくなぞるようにマッサージしていきます。10回ほど行ってください

 

 

 

 

上まぶたは終了です。

 

 

 

次は目の下です。こちらも上まぶた同様に、人差し指の腹で、目頭側から目尻側にやさしくなぞるようにマッサージしていきます。10回ほど行ってください。

 

 

次に、ゲンコツを作って、人差し指の第2関節で上瞼を目頭側から目尻側にやさしくなぞるようにマッサージしていきます。10回ほど行ってください

 

下まぶたは終了です。。

 

もうこれだけで、十分スッキリして、シャキッとした目元になっているはずです。これを毎朝の習慣にしていけば、朝、学校や職場に行くときは、スッキリとした目元になっています。マッサージ後の化粧もしやすくなります。

 

時間があれば、エクササイズも行ってください。こちらは夜でも構いませんが、できれば、朝に行った方が、爽快感があり、スッキリします。

 

目の周りには、眼輪筋という筋肉で構成されています。眼輪筋が衰えると、たるんだり、ショボショボの目になってきます。美容医学でも、目のたるみなどがある場合は、眼輪筋をいじっていく程、目元の重要な筋肉なのです。

 

今回、ご紹介するエクササイズの目的は、眼輪筋を鍛えて、目元をいつまでも若々しく目力がある状態を保つことを目的とします。

 

簡単ですので、今すぐ実践してみましょう。

 

 

目を5秒~10秒程、思いっきりつぶって、目を5秒から10秒程、大きく見開らくぱっと目を開く。これだけです。これを5回繰り返してください。

 

*おでこにシワがある人は、このエクササイズを行うと、おでこのシワがだんだん深くなる恐れがあるため、避けてください。

おでこにシワがある方は、目をギュッと閉じて(1秒)、開くだけ(目を大きく見開くのではなく、ただ開くだけで結構です。)

リズムとしては、ギュッパッ・ギュッパッ・ギュッパッ・ギュッパッを20回ほど繰り返してください。これでも十分に眼輪筋は鍛えることができています。

 

 

次に眼球を時計回りに10回ほどゆっくり回してください。その後、反時計回りに10回ほどゆっくり回してください。

 

以上でエクササイズは終了です。これを毎日繰り返すことで、眼輪筋が鍛えられ、目力がついてきます。

 

     まとめ

 

マッサージとエクササイズはどちらも簡単な方法をご紹介しました。複雑な方法や時間がかかる方法ですと、長続きしません。これでは、どんないい方法でも意味がありません。

 

継続は力なり、よく耳にする言葉ですが、本当に継続することが重要ですので、ちょっとの時間と労力を惜しまずに頑張ってみてください。

 

あなたの頑張りで、スッキリした目元になり、目を大きくすることにつながります。

 

最後にマッサージ・エクササイズの後には必ず保湿をしましょう。

  • はてなブックマーク

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ