[医師監修]目尻切開法の失敗・トラブル・解決法

  • はてなブックマーク

目尻切開法は、目尻側の目を切開して、目を大きくする方法です。

 

目の横幅・目尻の縦幅が大きくなります。

 

二重ラインもしっかりあり、目頭切開法も施術して、蒙古ヒダも無くなり、けど、もっと目を大きくしたいという場合は目尻切開法を行うしかありません。

 

美容整形治療の中では、「二重を作る方法の二重埋没法」・「二重切開法」、「蒙古ヒダを取って平行型二重にする目頭切開法」、「まぶたのたるみを除去する目の上のたるみ取り」などの治療に比べ、目尻切開法はニーズが多い治療ではありません。

 

しかし、上記の方法をすでに施術しているけど、もっと目を大きくしたいという時には、目尻切開法が最適です。

 

印象としては、クールで切れ長な大きい目といった感じになります。

 

トラブルは非常に少ない治療ですが、リスクが全く無いという治療はありませんので、考えられるリスクやトラブルを紹介します。

 

  治療後のダウンタイム

 

腫れ:ほとんど出ませんが、麻酔によるむくみが3~5日程度あります。それほど気にならない程度です。

 

内出血:麻酔時に、血管に針があたり、内出血が出ることがあります。出た場合は、1週間程、青紫色になります。内出血がでると少し目立ちます。

 

抜糸:1週間後

 

:初めは赤いですが、1ヶ月ほどで白い線になり、ほとんど目立ちません。

 

引きつり感:1ヶ月ほどは、切開部分の皮膚が硬くなっていますので、多少、引きつれ感がありますが、徐々になじんできます。

 

アイメイク:抜糸後より可能です。

 

コンタクトレンズ:当日より可能です。ただし、違和感がある場合は控えてください。

 

 

  目尻切開治療で起こりうるトラブルと対策

目尻の開きが足りない・効果が小さい

術後、傷口が治っていく過程で、だんだん傷跡が縮むのと同時に切開した皮膚も多少縮んできます。

 

そのため、効果が減ったように感じまあす。

 

それを見越して、切開していくのですが、それでも想定以上に縮んで効果が小さい場合は、再手術となります。

 

対策

カウンセリングで、あらかじめ少し縮んでくることを伝え、時間とともに、手術直後より効果が減ることを十分伝えていなかったために起こるトラブルです。

 

また、はじめから目尻切開ではあまり、効果が望めない方もいます(目尻を引っ張って、白目が1.5mm以上露出されなければ治療適応外です)。

 

目尻切開法に精通したし医師が、十分な時何を取ってカウンセリングしてくれるクリニックを受診しなければいけません。

 

また、ある程度、事前に目尻切開法の知識も入れていった方がいいです。

 


目尻切開後、目尻が伸びすぎた

術後、目尻が伸びすぎ、白目が思っているより多く見える、結膜(赤い部分)が見えている状態が気になる。

 

対策

手術直後は、このようになることは、珍しくありません。皮膚が段々縮んできくることを想定して、多めに切開しているのでこのような現象になります。

 

抜糸後、1ヶ月後、3ヶ月後と経過していくうちに、だんだん変化していき、ちょうどよい目尻の状態になりますのでご安心ください。

 

3ヶ月経過しても、症状が改善されない場合は、目尻を閉じる手術をしなければなりません。

 


目尻の左右差が出た

目尻切開後、左右で大きさ・長さが違う状態

 

対策

治療後は、腫れや内出血などにより、左右差が出ることがあります。

 

1ヶ月~3ヶ月ほどで落ち着く場合がほとんですが、3ヶ月経過しても左右差が直らない場合は、修正が必要となります。

 


逆さまつ毛になった

術後、皮膚が織り込まれることにより、逆さまつ毛になることがあります。上下ともに起こる場合があります。

 

対策

腫れが引くと落ち着きますので、通常は1ヶ月様子を見てもらいます。

 

その間、目がチクチクしますので、一時的にまつ毛を抜いて経過観察します。

 

1ヶ月過ぎても改善されなければ、逆さまつ毛の治療(皮膚切除)をしていきます。

 

カウンセリングで、治療後、逆さまつ毛になるかどうかだいたいの判断はできますので、このようなトラブルは、まず起こりません。

 

しかし、目尻切開の経験があまりない医師が施術すると逆さまつ毛になる予測ができずに、このような結果になることがありますので、クリニック選びは慎重にしてください。

 

 


治療後、まつ毛が少なくなった・抜けた

治療中にまつ毛が抜けたりすることは十分考えられます。

 

対策

時間とともに生えてきますのでご安心ください。

 

 


傷の部分に段差ができている

術後、縫合部分が段差になることがあります。

 

対策

時間とともになだらかになり、段差は落ち着きます。

 

3ヶ月から長い場合は6ヶ月ほどかかることもあります。

 

6ヶ月経過して改善しない場合、段差をレーザーで削って修正するか、切開して修正することになります。

 


治療後、痛み・腫れ・赤味がだんだんひどくなってきている

治療後は、赤味・腫れ・痛みなどはでるものです。

 

対策

通常は、1週間程かけて段々と和らいでいきますので心配いりませんが、数日たっても痛み・腫れ・内出血がむしろひどくなってきている状態ですと、感染を起こしている可能性がありますので、すぐにクリニックを受診してください。

 

抗生剤の内服・点滴で治まることがほとんどですが、場合によっては、ばい菌を出すために切開しなければいけないこともあります。

 


血腫(血が溜まって腫れている状態)

施術中は、出血していますが、血管を焼いて止血しています。しかし、止血が十分でない場合、目尻に血が溜まって腫れあがってきます。

 

対策

放置していると、感染症などを引き起こすおそれがありますので、すぐにクリニックを受診してください。

 

切開して、出血している血管を焼いて止血します。

 


白い糸がでてきた

糸がでてくることは、時々あります。

 

皮膚の中の組織を中縫いという処置をしている白い糸が、皮膚表面に出てくることがあります。

 

対策

そのままにしていると化膿する恐れがありますの、クリニックを受診してください。

 

処置はすぐに終わり、腫れたりすることもありません。

 

白い糸を取っても、目尻切開の効果が減ることはありませんので、ご安心ください。

 

 

     まとめ

 

今回は、目尻切開の失敗・トラブル、解決法について説明いたしました。

 

この記事を読むと、目尻切開法は怖いなー、手術を受けるのはやめようかなーと思う方もいると思います。

 

手術を止めるのも一つの選択です。美容整形は病気を治すための治療ではありませんので、絶対に必要なものではありません。

 

怖いとと思うのであれば、手術をしないというのも一つの選択肢だと思います。

 

手術は、必ずリスクがあるということを前提に受けなければなりません。プチ整形の二重埋没法でも、いくらプチでもリスクはあります。

 

宣伝広告では、良いことばかりを書かれていることが多いですので、今日、このようなリスクがあることを初めて知った人もいると思います。

 

リスクを知って止めるということは、正しいかもしれません。リスクを知らずに手術を受けてから、後悔しても遅い場合もあります。

 

では、管理人は、目尻切開をすすめないのか?というとそうではりません。

 

十分な二重ラインがあり、蒙古ヒダも無く、その他に目を大きくする手段としては目尻切開法しかないと考えます。

 

ですので、目を大きくするためには、目尻切開法の選択は間違っていないと思います。

 

結局、どっちなんだい?目尻切開法はオススメなの?オススメしないの?

 

答:どちらでもないです。

 

先ほども言いましたが、そもそも美容整形治療は、必要に迫られた治療ではありません。皆様が、現在より+αを求めるために行う治療なのです。

 

もし、手術を受けてみたいということであれば、それも間違った選択だと思いません。

 

ただし、手術を受けるということは、リスクを前提に受けなければなりません。

 

リスクは、誰にでも起こる可能性がりますので、リスクに対して、どのような対処ができるかを見極めなければなりません。

 

目尻切開法の手術を受けるクリニックを選ぶ場合のポイントは、リスクが起こった場合にしっかりと対処する技術があるのか?また、十分なリスクの説明がなされているか?

 

この2点が満たされていなければ、そのクリニックで施術を受けてはいけません。

 

あなたは、本日、この記事を読んで目尻切開法のリスクと対処法の知識を得ました。

 

カウンセリング時に、最低限、記事内容のリスクについて説明がなければ、どんなに良いことを言っても、どんなに料金が安くても施術を受けてはいけません。

 

逆に、リスクについてしっかり説明がなされ、あなたの質問にも丁寧に答えてくれるクリニックであれば、信頼できるクリニックとして、施術を受けることを検討してもよいと思います。

 

 

  • はてなブックマーク

ページの先頭へ