[医師監修]もっと目を大きくしたい方は、目尻切開法が最適!

  • はてなブックマーク

 

美容整形で、目を大きくする方法は、二重にする二重埋没方法・二重全切開法や蒙古ヒダを除去して平行型の二重にする目頭切開法が代表的ですが、目尻側の目を大きくする方法として目尻切開法という方法があります。

 

目尻切開法は目を大きくする方法ではありますが、激的な変化は望めません。目元の印象を変えるといった治療法です。

 

では目尻切開法をすることでどのような印象になるのか?

 

目尻切開法をすることにより、目尻側の白目部分の露出が多くなり、切れ長の目なり、「クールな印象」・「シャープな印象」の顔になります。

 

実は、目尻切開法は、単独でする治療というよりは、タレ目形成(グラマラスライン形成)などと一緒に治療することが多いです。

 

目尻切開法で目尻側の白目部分の露出を多くし、さらにタレ目形成(グラマラスライン形成)で、大きくなった目をタレ目にすることにより、可愛らしい目元を実現できるのです。

 

目尻切開法を単独で行うとクールでシャープな印象の目元になますが、タレ目形成と同時に施術すると、タレ目で可愛らしい印象の目元になります。

 

あなたの理想の目元を実現するために、目尻切開法に興味のある方は、是非、参考にしてください。

 

今回は、目尻切開法にスポットをあてて説明していきます。

 

     目尻切開法はどのような人に向いているの?

 

  • 目が近い方(寄り目がち)

 

  • シャープな顔にしたい方

 

  • クールな印象にしたい方

 

  • 目頭切開法をすでにしているがもっと目を大きくしたい方

 

  • 切れ長の目にしたい方

 

  • タレ目にしたい方

 

 

     目尻切開法で効果があまり期待できないこともある!

 

目尻切開法は、元々、激的に目元が変化する治療ではないため、タレ目形成などと併用することが多いです。

 

別に、タレ目に変化させたいわけではなく、純粋に少しでも目を大きくしたい場合は、目尻切開法を単独で行います。

 

しかし、せっかく目尻切開法を行ってもほとんど変化が感じられなければ、やった意味がありません。

 

目尻切開法は、最初の診断である程度、目尻切開法により変化が期待できるか判断できますので、カウンセリングが重要となります。

 

目尻を指で下に引っ張り、白目が1.5㎜以上見える人が効果的だとされています。

 

中には、5mmくらい露出する人もいます。

 

目尻を引っ張っても赤い粘膜が見えてしまう場合は、目尻を広げても白目は見えないので、目尻切開法はあまり意味がありません。

 

 

     目尻切開法の実際

 

目尻を切開して、余剰な眼瞼縁を切除します。後戻りを防止する目的で、目尻側の瞼縁を抜糸までけん引します。

 

①隠れている白目の端まで目尻のまぶたを切開します。

 

②切開したまぶたの上と下の組織を切り取ります。

 

③まぶたの表(皮膚)と裏(結膜)を縫い合わせます。縫った糸を外側上・下に引っ張るようにテープ固定を行います。

 

イラスト出典:樹のひかり形成外科・皮膚科

 

 

     術後の主な症状

 

  • 腫れ:7日ほど

 

  • 内出血:1週間~2週間

 

  • 抜糸:7日後

 

  • 傷跡:初めは赤いですが数カ月でほとんどわからなくなります

 

  • 引きつれ感:2週間ほど

 

  • 痛み:1日~3日(痛み止めで治まる範囲)

 

 

     治療後の日常生活復帰まで

 

  • 洗顔:翌日より可能

 

  • メイク:目元のメイクは抜糸後より可能

 

  • シャワー:当日より可能

 

  • 入浴:1週間後より可能

 

  • コンタクトレンズ:当日より可能

 

  • まつ毛のエクステ:1ヶ月後より可能

 

 

     まとめ

 

目尻切開法は、たまに効果があまりなく、戻ってしまうという声を聴きますが、確かに単独治療では効果が低いケースもあります。

 

カウンセリングにて、あなたの目は目尻切開法の施術をして十分な効果が得ることができるか診断してもらわなければなりません。

 

目尻切開法の診断は、いつも以上に重要となり、また、目尻切開法に精通した医師でなければ判断できません。

 

ある程度、目尻切開法のオペ実績がある医師にカウンセリング・施術をしてもらわなければ、効果があまりないという結果になってしまうこともあります。

 

効果があまりでない可能性がある場合は、タレ目形成(グラマラスライン形成)と一緒に施術すると、目は大きくなり、タレ目を作ることも同時にできますので、カウンセリングでのアドバイスをしっかり聞きましょう。

 

もし、タレ目を希望しない場合、グラマラスライン形成は必要ありません。目尻切開法のみでは、あまり効果が期待できない場合は、施術を諦めてください。

 

目尻を引っ張った時に、隠れている白目の露出が1.5mm以上出ない場合、目尻切開法を単独で施術しても効果があまりでないということを踏まえて、カウンセリングを受けてください。

 

もし、カウンセリングで白目の露出範囲を確認しない医師であれば、そのクリニックで施術を受けるのは避けてください。

 

目尻切開法は、傷跡の回復も早く、失敗の少ない治療です。

 

しっかりと技術を持った医師・クリニックで施術することができれば、あなたの望む、「大きな目にする」という目的が達成されるはずです。

 

目尻切開法のポイント

・目尻切開法単独では効果が少ないことがある。その場合はタレ目形成(グラマラスライン形成)も同時に行 うと効果的!

 

・カウンセリングが重要。白目の露出範囲が1.5mm以上、変化しなければ目尻切開法は不適応!

 

 

 

 

  • はてなブックマーク

ページの先頭へ