[医師監修]目を大きくするには、涙袋が必須!

  • はてなブックマーク

皆さん、涙袋はありますか?

 

突然、変な質問をしてすみません。

 

涙袋はご存知だと思いますが、どう思いますか?涙袋は欲しいですか?

 

女性の答えは、圧倒的に涙袋がほしいという方が多いです。

 

なんでこんなに涙袋がブームなんでしょうか?

 

実際に涙袋は、笑った時など目の下がぷくっとして可愛らしかったり、目を大きく見せる効果があったり、涙袋がチャーミングポイントになりますよね。

 

人相学的には、良縁や子宝に恵まれる相と解釈されているようです。最近では、モテ相とも言われているようですが何となくわかります。

 

 

では、涙袋がない人はどうしたらよいか?「私には涙袋がないからなー」と諦めている方もいるかと思いますが、最近は、「涙袋メイク」や美容外科などで行う「涙袋形成」などがあります。

 

今回は、涙袋形成にスポットを当てていきます。

 

涙袋形成といっても手術で涙袋を作るわけではありません。

 

注射で簡単に作ることが出来る「ヒアルロン酸注射による涙袋形成」を紹介していきます。

 

  涙袋とは?

 

涙袋がある方・無い方、様々ですが、最近、とにかく女性は涙袋が欲しいという人が多いです。

 

元々、目が大きい人などに涙袋がある傾向です。

 

涙袋の構造は、脂肪や水分が入っているわけではありません。眼輪筋(がんりんきん)という目の周りの筋肉からできています。

 

筋肉ですので、年齢とともに衰えてきます。

 

つまり、涙袋は、だんだんたるみになってきてしまいますので、涙袋がある人は、老化予防に注意をしなければいけませんね。

 

逆に言うと、涙袋は若さの象徴みたいなものです。

 

     涙袋は何故、人気なの?涙袋のメリットは?

 

  • 目が大きく見える

 

  • 笑顔が可愛らしい

 

  • セクシーに見える

 

  • 若々しく見える

 

  • 目力UPになる

 

 

     芸能人の涙袋を見ていこう!

 

芸能人は、実に涙袋が多いです。天然か作ったかはさておき、芸の人は、実に涙袋がしっかりある方が多いです。

 

また、それが可愛かったり、綺麗だったりするんですよね。それだけ、涙袋は重要なパーツの一つなのです。

 

ここで、ちょっと試してみたのですが、涙袋がある芸能人の涙袋を消してみたらどうなるか?写真を見比べてみましょう!

 

石原さとみさん

 

大島優子さん

 

有村架純さん

 

板野知美さん

 

佐々木希さん

 

きゃりーぱみゅぱみゅさん

 

柴咲コウさん

 

永作博美さん

 

皆さん、涙袋がなくても十分可愛かったり、綺麗だったりするのですが、やっぱり涙袋があった方がしっくりいきますし、可愛いですよね。

 

 

     ヒアルロン酸注入による涙袋形成

 

目の下の眼輪筋(がんりんきん)の中にヒアルロン酸を注入し、涙袋を作っていく方法です。

ヒアルロン酸は、元々、体内にあるものですので、非常に安全な物質ですので安心して施術を受けることができます。

 

また、注射だけの治療なので10分程で終了します。

 

注入量は片方だいたい0.1㏄~0.3㏄くらいの範囲が標準的です。

 

しかし、入れすぎたり、少なすぎたりして、あなたの理想とする涙袋とは違う形になってしまうおそれがありますので、医師と十分に相談しながら注入していきましょう。

 

 

     自分の理想の涙袋を作ってもらうためのポイント

1.涙袋のヒアルロン酸注射を何度も施術したことがあるドクターを選ぶ

美容外科医として5年以上の経験があれば、涙袋形成は何度も施術していると思いますので経験値は十分かと思います。

 

2.医師に少しずつ注入してくれるか確認する

ヒアルロン酸を一気に注入するのではなく、鏡で確認しながら少量ずつ注入してもらうことができれば、入れ過ぎや少なさ過ぎのトラブル回避になります。

 

カウンセリング時に、少量ずつヒアルロン酸を注入してもらえるか確認してください。

 

3.どんなヒアルロン酸を使用しているか確認する

ヒアルロン酸にはいくつも種類があります。「粒子の大きいもの・小さいもの」・「持続期間が3ヶ月から6ヶ月くらいのも・2年くらい持続するもの」など種類が豊富になります。

 

涙袋形成に適していないヒアルロン酸もありますので、施術しようと思っているクリニックで取り扱っているヒアルロン酸が最低4種類以上の取り扱いがあるクリニックを選んだ方がよいです。

 

HPなどで事前に確認してください。

ただ、ヒアルロン酸注入と記載しているクリニックは避けてください。

 

シワでも涙袋でも鼻でも同じ種類のヒアルロン酸を注入していることがあり、涙袋には硬すぎてボコボコすることもありますので、注意してください。

 

涙袋形成に適したヒアルロン酸

ヒアルロン酸の商品名 承認 持続期間(目安)
ダナエ・オリジナル CE 6ヶ月~8ヶ月
スタイレージS CE 9ヶ月~12ヶ月
テオシアルリデンシティⅡ CE 12ヶ月
レスチレン・ビタールライト FDA 6ヶ月~8ヶ月
ジュビダームビスタウルトラ 厚労省 12ヶ月
クレヴィエル・プライム C E 12ヶ月

 

ヒアルロン酸の種類についてはコチラを参照ください。

⇩    ⇩     ⇩

 

 

 

4.痛みの緩和をしてくれるか?

そのままヒアルロン酸を注入すると結構、痛いです。

現在は、痛みを緩和する方法がいくつかありますので、カウンセリング時に確認してください。痛みの緩和をしてもらえるとほとんど痛みはありませんのでご安心ください。

 

主な痛みの緩和法

ブロック麻酔(注射) 塗る麻酔 貼る麻酔 笑気ガス(吸う麻酔)などがあります。

 

5.内出血対策ができるか?

目の下は皮膚が非常に薄く内出血が出やすいです。内出血予防には、通常のとがった針で注入するのではなく、丸い針(マイクロカニューレやミラーカニューレ)で注入することにより、大幅に内出血になる確率は下がります。

・普通の針

・ミラーカニューレ

          

 

 

     まとめ

目を大きくする方法の一つとして、涙袋形成は、非常に魅力的な治療です。

 

しかも、ヒアルロン酸の場合、安全で簡単に施術を受けることができますので、毎日、涙袋メイクをするのが面倒だなーと思う方にも最適かと思います。

 

しかし、ヒアルロン酸注入をしてくれるクリニック選びを間違うと、理想とは程遠い涙袋になってしまうこともありますので、ご注意ください。

 

 

カウンセリングに十分な時間をかけてくれて、しっかりとシュミレーションをしてくれるクリニックを選ばなければ、後悔することにもなります。

 

料金や広告だけでクリニックを選んではいけませんよ。

 

クリニックの選び方についても説明していますので参考にしてください。

 

 

万が一、ヒアルロン酸注入で理想と違う結果になっても焦らず、他のクリニックを受診してみてください。

 

ヒアルロン酸はヒアルロン酸溶解注射という薬液で溶かすこともできますので、冷静に行動してくださいね。

*ヒアルロン酸溶解剤

 

涙袋は目元の印象を変えるだけではなく、顔全体のイメージも変わりますので、是非、チャレンジしてみてください。

 

 

 

  • はてなブックマーク

ページの先頭へ