[医師監修]予約・カウンセリング対応で優良美容整形クリニックがわかる!-二重埋没法編

  • はてなブックマーク

 

目を大きくするための方法として、美容外科治療は、なくてはならない存在です。

 

けど、「やっぱり怖い」・「どのようなクリニックをえらんでよいか?」・「本当に選んだクリニックで大丈夫か?」・「料金はいくらかかるのか?」・「医師の腕はよいのか?」・「リスクはないのか?」などいざクリニックを受診しようと思っても様々な不安が出てくると思います。

 

実際に管理人は美容外科コンサルタントとして、お客様のニーズを把握することも重要な仕事の一つです。

 

今回の記事は美容外科クリニック側からするとあまりうれしくない情報紹介となりますが、美容外科を受診してみたい人へのクリニック選びのポイントを本音で教えちゃいます。

 

もちろん、まっとうに診療している美容外科クリニックにとっては、このような情報紹介は、全く問題ないです。

 

皆様には、そのようなまっとうなクリニックを選んでいただきたいです。

 

クリニックに行って、施術をしてから後悔しても遅いですので、行く前の事前リサーチが重要です。

 

それと施術する前のカウンセリングがとても大切ですので、その辺りをポイントして押させておきましょう。

 

今回は、クリニックの電話での予約の仕方・メールでの予約の仕方のポイント・カウンセリング受診のポイントについて説明していきます。

     予約編

 

美容外科クリニックを受診する際の、電話やメールでの問い合わせである程度、良いクリニックか悪いクリニックか判断できます。
 
良い問い合わせ対応のクリニックを最低2つ以上ピックアップして、受診しましょう。
 
2つ以上選ぶ理由は、料金比較、ドクターとの相性、セカンドオピニオンの意味でもとても重要です。
 
 

     メール・電話での問い合わせ方法

メール・電話であなたの気になる治療について問い合わせてみましょう。
 
この時に重要なのは、あなたの質問内容を記録・保管しておくことです。
 
質問は後々、何かトラブルになったときの証拠やカウンセリングの内容と比較するため重要となります。
 
電話の方はしっかりとメモを取り、電話対応者の名前を聞いておくこと。
 
メール相談される方はメール内容を印刷しておいてください。
 
ただし、電話・メールでの予約の際は、高圧的に質問するのではなく、低姿勢で穏やかに質問してください。
 
クリニック側だって、高圧的なお客様は嫌ですし、穏やかで感じのいい人には、少しくらいのサービスをしてもらえることがあるかもしれません。
 
では具体的なメールや電話の質問例をあげていきます。
 
今回は、目を大きくする方法として二重埋没法をA・B・C・3クリニックの回答を例にしました。
 
 
 
二重埋没方法の2点止めの料金を知りたいです。お金の用意もありますので、教えてください。
 
美容外科クリニックAの回答

 
こ二重埋没法の料金は○○円です。

(解説)しっかりと料金を明示しているので安心です。(優良)

 
 
美容外科クリニックBの回答
 

目の状態を見てみませんと、二重埋没法の2点止めが適しているか判断できません。埋没方法2点止めの料金は○○円です。

 

もし二重切開法の場合は△△円となりますので、○○円~△△円をご予算の幅としてみてください。

 

あとは、カウンセリングにて、目を見せてもらって治療説明。料金表示をいたします。

(解説)手術法により、料金が変わることがあることを事前に伝え、その場合の料金も明示していますので、まず安心してよいと思います。(良)
 
 
美容外科クリニックCの回答

 
目を診てみませんとどの方法が適しているかわかりませんので、カウンセリングに一度いらしてください。

(解説)一見、普通の回答にみえますが、料金の明示を求めた質問にも関わらず、その回答がありません。 これはカウンセリングで、料金が変動することがございます。

 
しかも最大かかる費用も明示されていませんので、人によって料金が変わる可能性がございますので注意が必要です。(要注意)
 
 

     予約編のまとめ

確かに二重治療をする場合、目を診察しなければどの治療方法が最適かどうかは正確には判断できません。
 
しかし、二重埋没法が絶対できない目というのも少ないです。
 
仮に、適応がない可能性があれば、B美容外科クリニックのように、事前に一言、切開法につてのことも触れてくれるクリニックが親切だと管理人は思います。
 
料金を問い合わせするだけで、ある程度、そのクリニックのスタンスがわかります。上記AとBの美容外科クリニックは受診してもよいと思います。
 
一方C美容外科クリニックは、HP上でどのようなよいことをうたっていても、受診してはダメです。必ず後悔します。
 
何故、料金について質問するかというと、正直にまっとうに運営しているクリニックは、明確な料金表示をします。
 
その料金が高くても問題ありません。明確に料金が示されたかどうかが重要なのです。
 
料金が高いのは、そのクリニックでは、その治療に対しての技術料金が○○円が妥当だと考えているからであり、問題ありません。
 
むしろそれだけ、治療に自信を持っていると考えることもできます。
 
一方、HP上で低料金を示していても、問い合わせの際に料金を曖昧にするクリニックは、お客様のふところ具合により料金を釣り上げたり、安い料金をHP上で示すことで集客し、実際にクリニックを受診すると、高額な治療費を請求する場合もございます。
 
料金が安い・高いではなく、明確に回答してくれる美容外科クリニックを選ぶことが重要です。(低価格で明確な料金を回答してくれるクリニックがあれば一番良いです)
 
 

     カウンセリング編

 
 
電話・メールの質問である程度、優良な美容外科クリニックを選んでいるはずなので、ほとんど心配いりませんが、やはり、HP上で料金が安かったり・よさそうな雰囲気のクリニックだから受診してみたいという場合、最後はカウンセリングによって、治療に至るかの判断となります。
 
ここが最終的な判断です。
 
施術をしてから後悔しても遅いですので、十分に備えてください。
 
カウンセリングにてどのようなところをポイントとしてみたらよいか説明してきます。
 

     カウンセリングでのポイント

  • メリット・デメリットをしっかり時間をかけて説明しているか?

 

  • 問い合わせ電話・メールとカウンセリングでの料金の提示に違いはないか?

 

  • 料金を釣り上げはしてこないか?

 

  • 何が何でもカウンセリング当日に施術までさせようとしていないか?

 

上記の事柄が明確に丁寧に回答されているかがポイントになります。具体的な例をあげて説明していきますね。
 
 

     二重埋没法の実際のカウンセリングについて見ていきましょう!

 
 
二重埋没法2点止めで目を大きくしたいのですが可能ですか?
 
 

二重埋没で治療は可能ですが、少し脂肪が厚いので、脂肪の重みで戻ってしまう可能性があります。 戻る場合は早い方で数カ月、持つ場合は、数年持ちます。

 

戻るのをできるだけ遅らせる方法として、

① 止める糸を2点ではなく3点にしてみる。

② 希望する二重の幅をもう少し狭くしてみる

③ 二重切開法など脂肪も除去する方法をしてみる

④ 戻ることは理解し、戻った時のための保証を充実させる などが、考えられます。

 

ただし、料金も発生しますので、十分検討してみてください。

 
(解説)
シュミレーション後、まずは、二重埋没法でも治療は可能であることを明確に示しています。
 
その上で、あなたの希望する二重ラインの幅が二重埋没法で行った場合、脂肪があるので戻る可能性があり、戻るのが気になる場合の対処法も話していますので、十分納得のいく説明だと思います。
 
また、すぐに施術決断を迫るのではなく、検討するように話しているので安心できるクリニックかと思います。
 
万が一、いきなり、「あなたの目は、脂肪があるので、埋没法では無理ですので、二重切開でなければできません。」という回答をするクリニックがあれば、治療はやめた方がいいです。
 
クリニック側が切開をしたい(高い料金の施術)という意図が見えます。
 

 
注射は痛いですか?
 

針を刺しますので、チクチクと数回の痛みはございます。

 

痛みに不安がある場合は、麻酔クリームや麻酔テープ・現在使用している針よりもっと細い針で注射して痛みを緩和する方法もございますが、そちらは別途料金が発生します。

 
(解説)
痛みは全く感じないことはないので、そのことをしっかりと説明し、痛みに不安のある人には、痛みの緩和方法を提案しています。
 
痛みを緩和する場合は料金も別途かかることもちゃんと説明しているので、安心材料です。
 

 
治療後の腫れは目立ちますか?
 

人によって腫れは異なります。早い方で2日~3日くらいで、腫れは落ち着きますが、人によっては、腫れが引くまで10日ほどかかる場合がございます。

 

また、血管に針が当たってしまった場合、内出血も出る場合もございます。

腫れがひどい場合は、腫れを早く引かせるためのお薬を処方することもできますが、そちらは別途○○円かかります。

 

そのようなことが起こらないように慎重に施術しますが、万が一、内出血や腫れが出る場合も考慮し、人と会う約束など内出血が出ては困る時期はずらした方がよいですここに文章を書く

 
(解説)
ここは重要です。せっかく施術しても内出血や腫れが大きくでてしまい、大事な用事を休まなければいけないことになっては一大事です。
 
そこまで、配慮した説明は、信頼に値するクリニックです.
 

 
糸が切れてすぐに戻ってしまう場合はありますか?
 

数カ月で戻ってしまう可能性もあります。あまり広すぎる二重幅を希望すると、より戻るリスクが高くなりますので、あなたの目に合った幅で二重を作ることをお勧めいたします。

万が一、取れた場合のことをご心配の場合は、保証制度がございます。5年保証・永久保証など、取れた場合に保証期間内であれば無料で再治療を行います。

ただし、保証料金は別途○○円かかりますが、任意ですので、保証を付ける付けないは、お客様が判断してください。

(解説)

二重が戻ってします可能性を言っていますので問題ないです。
 
また、取れた場合の保証が有料であることも説明し、無理に保証加入を勧めていませんので安心です。
 
取れる可能性をあおって、無理に保証加入を勧めるクリニックもありますので、ご注意してください。保証はあくまでも任意加入です.
 

 
料金はいくらですか?
 
二重埋没法の料金は○○円です。保証を付ける場合は、追加で○○円です。(事前の電話やメールなどで教えてもらった料金の範囲内)。
(解説)

料金は、事前に問い合わせした際の料金の範囲内であれば問題ないです。
 
事前の料金とは異なり、「問い合わせの時は、目の状態を見ていないのでわからなかったが、目の状態を見てみたら、あなたには、二重埋没法2点止めは、不適応で、二重切開法で脂肪も取る施術もしなければ、希望の二重幅にすることはできない」など言われた場合は、絶対に施術してはいけないクリニックです。
 
そのように言われても焦らず、いったん家に帰って冷静に判断してみてください。説明に疑問がある場合は、他のクリニックでセカンドオピニオンを必ず受けてみてください.
 

 
手術後、副作用はありませんか?
 

施術には必ずリスクがあります。可能性は高くありませんが、埋没法のリスクとしては、「感染症(ばい菌が入ってしまう)」、「引きつった感じがずーっと続く」、「目が痛く充血が続く」などが、考えられます。

 

このような現象が、万が一起こった場合は、すぐにクリニックを受診してください。無料で対応したします。ここに文章を書く

(解説)

副作用やリスクはどのような治療でも必ずあります。
 
プチ整形だから、リスクは無いので、大丈夫だよ。なんていうクリニックは全く信用できません。
 
リスクの話、リスクが起こった場合の対処法などをしっかり説明しているクリニックが安心です。
 

 
本日はカウンセリングのみでも大丈夫でしたか?
 
全く問題ないですよ。十分にご検討されて、後日やっぱり治療をしてみたいというう場合は、ご予約のご連絡をしていただければと思います
(解説)
施術をするかしないかは、当然お客様が決めることです。
 
例えば、「本日施術するのであれば、化粧品をプレゼントします。」・「本日施術するのであれば割引いたします。」・「本日までキャンペーン価格です。」などと言って何が何でも本日の施術を強要する場合は、信用できないクリニックですので、施術は避けてください.
 
 

     カウンセリング編のまとめ

今回は二重埋没法2点止めを例にして説明していきましたが、すべての治療にあてはまることです。
 
カウンセリングはそのクリニックのスタンスがでますので、しっかりと見定めてから施術を決断してください。
 
カウンセリングを受けて、少しでも違和感がありましたら、治療せずカウンセリングのみで帰宅してください。
 
カウンセリングを受けたからといって、施術を必ず受けなければいけないということは全くありません。
 
施術を必ず受けなければいけない雰囲気になっているのであれば、逆にその美容外科クリニックは、ダメなクリニックの可能性があります。
 
あくまで、施術を受けるか受けないかは、あなたが判断することですので、クリニック側が施術を受けないとあなたに不利益があるような雰囲気を作っているのは、おかしな話です。
 
まずは、一度、家に帰ってカウンセリングなどにおかしな点はなかったかなど確認する時間を作ってください。誰かに相談してもいいと思います。
 
何度も言いますが、カウンセリングで違和感がありましたら、その場で施術することを即決せず、必ず家に帰って冷静に考えてください。
 
考えたすえにカウンセリングを受けたクリニックで施術を受けたいと判断したのであれば、その時に施術の予約をしてください。
 
最後は治療を選んだ自己責任になります。後悔のないようにしてくださいね。

 

  • はてなブックマーク

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ