40代からの目元ナチュラル盛りメイク!

  • はてなブックマーク

40代のメイクはどうしたらよいか迷っていませんか?

 

あまり極端なメイクをすると無理な若作り感がでるけど、何もしないと老けて見えるし、でもまだまだ綺麗でいたいし、周りからも素敵な女性に見られたい。

 

40代は、生活に疲れ、老けたおばさんに見られる人もいればか、美魔女と呼ばれるようなとても40代には見えないような綺麗な人もいるように、綺麗な女性」・「そうでもない女性」に分かれていく分岐点になる年代が40代です。

 

いつまでも素敵な女性として輝いていたいが、ついつい日々の生活のことでいっぱいになってしまい、女性としての美意識が20代・30代の時とは違い低下してきている方も多くなってしまう年代です。

 

また、20代・30代の時とは違い、どのようなメイクが40代にふさわしいのかわからないという方もいるのではないでしょうか?

 

若い時と同じようなメイクでは、ケバイど派手な感じになってしまうし、かといって何もしないと老けて見えるし、でも、40代のメイクの仕方なんて今までやったことがないし、どのようなメイクが最適なのかもわからない。

今回は、現代の40代に適したメイク方法を「美ST」よりアイメイクをピックアップしましたので参考にしてください。

 

目の印象でお顔全体の印象が90%決定します。

 

まずは、目元のメイクを自分に合った40代メイクにしていくことから始めていきましょう。

 

目元さえバッチリ決まれば、がらりと輝いて見えますので、まだまだ素敵な女性としてライフスタイルを送っていきましょう。

 

今回、ご紹介するメイクは、40代女性の盛りメイクです。

 

盛りメイクって、若いギャルがするメイクじゃないの?

 

40代で盛りメイクをするなんて恥ずかしい」

 

おっしゃる通り、通常、盛りメイクといえばギャルの代表的なメイク、皆様も、20代の頃にしていたかもしれませんね。

 

でも、今回ご紹介する盛りメイクは、現代の40代に合った大人のナチュラル盛メイクです。

 

普段の生活から、ちょっとしたお出かけ・イベントなど色々な用途に適応できる40代盛りメイクです。

 

目元をちょっとナチュラルに盛るだけでかなり印象は変わりますので、是非、試してほしいです。

 

     どんな場面で40代盛りメイクするの?

 

 

  • 普段メイクとして

 

  • ちょっとおしゃれしてお出かけ

 

  • バリバリ仕事をしているけど、女性らしさも忘れたくない

 

  • 子供の行事参加で自慢の綺麗なお母さんでいたい

 

  • 同窓会で若く見られたい

 

  • 婚活で頑張りたい

 

 

どのような場面でも40代盛りメイクは、最適です。これからのあなたのメイクは40代盛りメイクで常に輝いていることができます。

 

 

     40代盛りメイク実例

 

囲み目・「アイテープ」・「カラコン」・「つけまつ毛」・「アイライン」・「マスカラ」・「まつ毛パーマ」・「まつ毛エクステ」など様々なパターンの盛りメイクについて紹介しますので参考にしてみてください。

 

1.アイテープ・カラコン・囲み目でナチュラル盛り

アイテープ・カラコン・囲み目でも、どの角度から見てもバレない!

 

仕事や子供の学校行事に参加する時は、あくまでも清潔感を重視した盛りメイク。

 

 

①kーパレットのリアルスティングアイライナー24hの茶色を使用

上はインサイドに引き、黒目の下は少し強調し濃い目に!

 

②カラコンはSHO-BIのピエナージュのNo5のガーリーを着用

明るめの茶色ですが、自然に目全体が大きく見えます。

 

③テープはD.U.Pのアイリッド片面タイプを使用。

まぶたの内側より外側が幅広くなるようにピンセットで装着!

 

使用したコスメ

 

 

 

 

 

 

2.マスカラと囲み目でナチュラル盛り

薄いまつ毛対策は、上下のラインと徹底したマスカラ塗りでカバー!

 

まつ毛が少なくなってきたので、マスカラ3本使いとアイライナーで目の周りを囲いこむことで、少ないまつ毛をカバーしナチュラル盛り完成。

 

 

①柔らかい線維がまつ毛1本1本をしっかりコーティングしてくれて、カールもアップ。

 

②まつ毛の根元からすくい上げると、毛先まで一気にボリュームアップ。

 

③目尻と下まつ毛のには塗りやすい極小ブラシで。

 

④アイライナーはインラインを塗ります。

 

使用したコスメ

 

 

 

 

 

 

 

3.まつ毛パーマとマスカラでナチュラル盛り!

目元はまつ毛が命!自まつ毛を大事にしてボリュームUP!

 

まつ毛パーマは、ビューラーで上げるよりずっと綺麗で、まつ毛の傷みを防げます。

マスカラは2本使って丁寧に塗るだけで目元がパッチリ大きな目になります。

 

 

①スリムなブラシでまつ毛1本ずつをセパレート塗りすれば、長さがでます。

 

②デジャブのマスカラは根元から持ち上げるようにしてボリュームを増やしていきます。

 

使用したコスメ

 

 

 

 


4.つけまつ毛・囲み目でナチュラル盛り!

年齢を重ねるとたるみの影響が目にも出現!若見えも意識!

 

目周りは盛り過ぎると、顔が派手めになってしまうので、考えながらのメイク品選びが重要!

目を大きく見せながら、あくまで自然な仕上がりを目指します。

 

 

①目の幅に合わせて両端をカット。

 

②目尻から半分だけに付けると自然に。

 

③アヴァンセのジョリ・エ・ジョリ・エ アイライナーを塗るとつけまつ毛の接着部分がなじみます。

 

④下まつ毛にはアヴァンセラッシュセラムイン マスカラ。育毛効果もあります。

 

 

使用したコスメ

 

 クロスロングを選択

 

 

 

 

5.囲み目・まつ毛エクステでナチュラル盛り

仕上がりが自然なエクステをしていればラインの囲みで十分!

 

エクステは、セールを160本装着。自まつ毛が多いとエクステがより自然になりますので、まつ毛育毛剤などで増やすとよりよいです。

 

①タレ目をカバーしたいので、目尻に筆全体をあて、長めに引き上げます。

極細が、まつ毛のすき間を埋めやすいです。

 

②下まぶたのアイラインは筆細で細く、目尻から目頭まで往復塗りします。

 

使用したコスメ

 

 

 

 

6.目の下のハイライトでナチュラル盛り!

ハイライトを仕込みラインで影を作れば完成度の高い3Dに!

なくなりつつある涙袋も作ることで、クマも気にならなくなります。

 

 

①ふっくらさせたい下まぶた全体にハイライトをオン。明るい色味がポイントです。

 

②指で肌になじませていきます。

 

③ハイライトにパールを重ね塗り。粉っぽくならないしっとりとした質感が大事。

 

④極薄ラインで目黒の下のみに線を引きます。仕上げがうまくいかない場合は綿棒でぼかすとより自然な涙袋の完成。

 

使用したコスメ

 

 

 02を選択

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

代引き不可送料無料 KATE ケイト デザイニングアイブロウ N
価格:1800円(税込、送料無料) (2018/1/20時点)

 真ん中のカラーを使用

 

 

 

     まとめ

 

現代の40代は美魔女などと呼ばれる一般女性なのに、驚きの若さと綺麗さを兼ね備えた女性が増えてきています。

 

ひと昔前の「疲れた主婦」・「お母さん」などのイメージから変わりつつあります。

 

「綺麗で輝いた女性」でいるか「そうではない女性」でいるか、選択するのはご自身です。

 

今回ご紹介した「美ST」のメイクが参考になり、女性としていつまでも輝いたライフスタイルですごせれば幸いです。

 

ですが、メイク後のケアも非常に重要になってくるのも40代です。

 

しっかりと目元のケアをしなければ一気に老化していく年代だということを忘れてはいけません。

 

管理人は、美容整形に勤務していたこともあり、若い時はモテたけど、しっかりケアをしていなかったので一気に老けてしまったので、美容整形でなんとかしてほしいという例を何千・何万と見てきました。

 

その年代が40代なのです。

 

そうならないためのメイク後のケアは非常に重要となります。

 

特に目元の保湿ケアが重要です。

 

「目尻のシワ」・「くぼみ目」・「まぶたのたるみ」・「目の下のたるみ」・「シミ」など目元の老化を見ただけでもこれだけあります。

 

目元の印象で顔全体の印象が90%決まりますので、目元の保湿ケアはしっかり行ってください。

 

40代盛りメイクのあとはしっかりと目元の保湿を心がけましょう。

 

目元の保湿ケアについてはコチラも参考にしてください。

 

 

  • はてなブックマーク

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ