[医師監修]離れ目を美容整形で可愛い目・可愛い顔にする方法

  • はてなブックマーク

 

今回のケーススタディーは、離れ目のコンプレックスを解消する方法についてご紹介します。

 

離れ目が何故、コンプレックスなのかわからない人は、離れ目で悩んでいませんので気にする必要はありませんが、悩んでいる方にとっては、とても深刻なコンプレックスです。

 

離れ目の方は、基本的に「のっぺりした顔」のイメージが強いです。

 

凹凸が少ないため顔がぼやけて見える。もっと強くひどい言い方をすると、ちょっと「あほっぽく」見えます。

 

その反面、おおらかで優しそうな印象も与えるのが離れ目の特徴です。

 

人間の顔が美人に見える理由は、それぞれのパーツのバランスにより決定しています。

 

目だけ見ると大きくて可愛らしい目でも、目の配置によってバランスが悪く顔全体で見た場合には可愛く見えません。

 

ふくわらいが面白いのは、顔のパーツの配置・バランスがめちゃくちゃだから笑えるのと同じです。

 

一つ一つのパーツが可愛くても、配置・バランスが悪いと可愛い顔には見えません。

 

美人の顔には、黄金比というものがあり、顔のパーツとバランスがある一定の割合で配置されていると非常に美しく見えます。

 

この黄金比にできるだけ近い顔が美人とされています。

 

 

ではさっそく、離れ目で悩んでいるAさん23歳のお悩み相談と解決法を見ていきましょう。

相談内容

 

目はとくべつ小さいわけではなく、二重でパッチリしていると思います。

しかし、目と目の間が離れているため、顔が大きく見えたり、ボーッとしている印象を与えます。

 

また、鼻も低いため余計に離れ目と顔のデカさが目立っているように思います。

 

本当に嫌で、毎日鼻をつまんだり、鼻を高くするグッズを使ったり、鼻をたたくと高くなるというのをネットで調べて載っていたので試したりしたのですが、鼻は全然高くならず、むしろ鼻がしばらく赤くなってジンジンしたので、余計なことをするのを止め、美容整形に相談にきました。

 

小さなころは、可愛らしい顔だねと言われていたのですが、現在は、お世辞にも可愛いとは言えません。

 

異性からは「憎めない顔だよね」・「やさしそうだよね」・「安心する顔だよね」など言われますが、ちっとも嬉しくないです。

 

完全に女性とは見られていません。動物的な扱いです。

 

それでも、男性にかまってもらえるだけありがたいのかなーと思い、ニコニコしています。

 

でも、本当は、私だって女性として見てほしいし、恋愛対象としてみてほしいと思い、この離れ目をなんとか解消して、美人にしてほしいです。

 

 

     カウンセリング内容

 

 

私は、離れ目が気になるのですが、どのような方法で治療したら可愛い顔になりますか?

 

 

 

顔は黄金比というバランスがあり、黄金比に近いほど美人になると世界的に言われています。

 

その観点から言うと、Aさんの顔のバランス、特に目のバランスが黄金比から少しずれていると思います。

 

 

 

 

黄金比?目のバランスはどのような治療をしたらよくなりますか?

 

 

 

はい、まずは、目の黄金比を見ていきます。

 

1:1:1のバランスが美人とされていますが、Aさんの場合、1:1.5:1の比率になっており目と目の間が少し広いです。

 

また、鼻根部が少し低いため、余計に離れ目が目立っています。

 

解決法としてはいくつかありますが、ダウンタイムや予算はどれくらいと考えていますか?

 

 

 

 

予算は、20万円前後で、ダウンタイムは1週間ほど休みが取れます。

とにかく離れ目が解消でき、美人になれるなら、予算はもう少し出せます。

 

 

 

以上のやり取りから離れ目を解決し、美人になる方法として、

①目を横に大きくする方法を提案

②鼻筋を通して顔に凹凸を出す方法を提案

③目元にインパクトをもたせる治療の提案

 

3つの方法を組み合わせて、離れ目を改善し、美人でバランスの取れた目元にしていきます。

 


 

①目を横に大きくする治療方法

 

目を横に大きくする方法は目頭切開法です。

 

目の横ラインを黄金比率にすることにより、目元のバランスだけではなく、顔全体のバランスも整います。

 

目頭切開法の治療をすることで、離れ目の70%は解消されています。

 

 


 

②鼻筋を通して顔に凹凸感を出す治療方法

 

目頭切開法で目元のバランスは整いますが、目が離れている人の特長として、のっぺりした顔の印象は改善せれていません。

 

そこで、鼻筋を簡単に通す方法として、ヒアルロン酸注入があります。

 

非常に手軽にできる方法でありながら、顔が引き締まり、凹凸感も出て、一気に美人顔に変われる方法です。

 

他人にはバレにくい治療というのも嬉しいです。

 

欠点は、鼻先に注入しても数日で効果が無くなるので、通常は鼻筋のみに注入していきます。

 

 


 

③目元にインパクトをもたせる治療方法

 

二重はしっかりついていますので、二重埋没法や二重切開法などしないで目頭切開だけでも目元の印象は十分かわりますが、もう少しアクセントを付けるために踏み込んでみます。

 

涙袋を形成することにより、より可愛らしい目元にすることができます。

 

元々、顔に凹凸感がなくのっぺりしていましたので、鼻筋を通し、涙袋を形成することでより凹凸感が出すことが可能になります。

 

しかし、目頭切開と鼻筋を通すと、美人になるが、何となくきつい印象になりがちな目元に涙袋をつくることで柔らかさと可愛らしさも演出できます。

 

 

最終的な治療のご提案

治療内容

目頭切開法

鼻のヒアルロン酸注入

涙袋形成

 

料金の目安

・目頭切開法 10万円~20万円

・鼻のヒアルロン酸注入(0.4㏄~0.6㏄) 2万円~5万円

・涙袋形成(ヒアルロン酸注入) 2万円~7万円

 

料金は、あくまでも平均的な目安ですので、受診予定のクリニックに確認してください。

 

 

 

     デメリット

どのような治療でも必ずデメリットがあります。

 

また、万が一、デメリットは誰にでも起こりうるということを踏まえて受診してください。

 

カウンセリング時に、よいことばかりを説明し、デメリットについてほとんど説明しないクリニックでは、治療を受けてはいけません。

 

そのようなクリニックは、万が一、起こったトラブルにいたしても誠実に対応してくれる可能性は低いです。

 


 

デメリット1:目頭切開

 

目頭切開法は、切開するにも関わらず、比較的ダウンタイムの期間が短い治療というのが特徴的です。

 

しかし、プチ整形などに比べ、切開している分、リスクもあります。

 

重要なのは、万が一のトラブルが起こった場合に、修正・対応能力が医師にあるかがポイントです。

 

医師の美容外科医としての経験はもちろん、誠実さも重要です。

 

カウンセリング時に、万が一、トラブルが起こった場合にどのような対応をしてもらえるのか必ず聞いてください。

 

「当院はそのようなトラブルは、起こることがありませんので安心してください」というクリニックがあれば、そこでの施術は避けてください。

 

一見、トラブルを起こすことがないほど自信があるクリニックなので、信用できると判断しがちですが、それは違います。

 

どのような技術のある医師でも、予期せぬトラブルが起こる可能性があるのが手術です。

 

その万が一のトラブルを想定して、対応できるクリニックが信用できるクリニックですので、間違わないようにしてください。

 


 

デメリット2: 鼻のヒアルロン酸注入

 

ヒアルロン酸注入のデメリットは非常に少ないですが、全く無いということはありえません。

 

まずは、粗悪なヒアルロン酸を注入された場合は、ヒアルロン酸が吸収されるまでの期間が極端に短かったり、または、ヒアルロン酸ではあまりおこらないアレルギー反応が強く起こってしまう可能性があります。

 

ヒアルロン酸には、様々な種類がありますので、どのようなヒアルロン酸を使用するのか、また、そのヒアルロン酸は、鼻の注入に適しているのかなどを把握しておく必要があります。

 

 


 

デメリット3:涙袋形成

 

鼻に注入するヒアルロン酸と涙袋を作るヒアルロン酸は、良識あるクリニックであれば、種類が違うヒアルロン酸を注入していきます。

 

鼻は硬めのヒアルロン酸を注入し、涙袋形成は、鼻に比べ柔らかいヒアルロン酸を使用します。

 

体の部位により、異なるヒアルロン酸を使用した方が、よりナチュラルな仕上がりになります。

 

数種類のヒアルロン酸を用意していないクリニックでの施術は避けた方がいいです。

 

 

 

  治療後のダウンタイムから日常生活復帰まで

腫れ:3日~5日

 

抜糸:5日~7日で抜糸

 

内出血:ほとんど出ませんが出た場合は1週間

 

傷跡:目頭側に白い線ができますが、メイクで隠せます。

 

痛み:ほとんどありません

 

洗顔:目元は抜糸後より可能

 

シャワー:当日より可能

 

まつ毛エクステ:1ヶ月後より可能

 

  痛みの緩和法

皆様が治療で怖いのは痛みについてだと思います。

 

目頭切開・鼻のヒアルロン酸注入・涙袋形成と複数の治療を同日に行う場合に、各治療の痛みはストレスとなります。

 

そこで痛みの緩和が重要となります。

 

近年は、顧客満足度UPのため、度のクリニックも痛み緩和に力を注いでいます。

 

痛み緩和にはいくつかの方法がありますので、カウンセリングの際は、どのような痛み緩和法で治療をしてくれるのかお尋ねください。

 

極細針による麻酔注射で痛み緩和

 

塗る麻酔や貼る麻酔による痛み緩和

 

笑気ガス(吸う麻酔)による痛み緩和

 

 

     まとめ

離れ目の悩みは、離れ目の人にしかわからないかもしれません。

 

他人からすると「愛嬌がある顔でいいじゃない」という方もいますが、実際は、離れ目の人にとっては何のほめ言葉でもありません。

 

「もっと女性として見てほしい」・「恋愛対象として見てほしい」という願望があります。

 

離れ目を解消する治療は、それほど激的に顔が変わる訳ではありませんが、顔のバランスが激的に変わります。

 

顔のバランスが変わるだけで、一気に美人になります。

 

今までの愛嬌のある顔から、美人になることで、異性はあなたを女性として意識するようになるでしょう。

 

元々のパーツ自体はよいパーツをもっていたので、バランスが整うことで、一気にモテ期がやってきます。

 

是非、あなたのコンプレックスでる離れ目を解消し、有意義なライフスタイルにしてください。

 

そのためにはクリニック選びが重要です。

 

リスクの説明などをしっかりしてくれる信頼できるクリニックを選んでください。

 

今回、ご紹介したデメリットなどの説明は必須ですので、万が一、デメリットの説明がない場合は、そのクリニックでの施術は避けてください。

 

間違っても悪徳クリニックを受診しないようにしてください。

 

クリニック選びには、それだけカウンセリングが重要ということになります。

 

 

  • はてなブックマーク

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ