[医師監修]二重の整形をしたら元々の二重ラインはどうなる?

  • はてなブックマーク

「元々、二重だけど、もっと二重の幅を広げたいので、美容整形を受診してみよう。」という方はかなり多いです。

 

美容整形で二重の整形をする方は、昔は、一重の方が二重にするために美容整形を受診するといったケースがほとんどでした。

 

しかし、近年は二重だけど、「もっと可愛い目にするため二重の幅を広げたい」・「もっと目を大きくするために二重の幅を広げたい」というニーズが非常に多いんです。

 

皆様、美意識が高く、「もっとかわいくなりたい」・「美人になりたい」という思いから、美容整形クリニックを受診しています。

 

または、以前に二重整形で二重を作ったが、もっと広い二重幅にしたいなどのケースもあります。

 

そこで、よくある相談で、「二重整形後、元々の二重ラインはどうなるんですか?」という質問を受けます。

 

確かに、治療後、元々の二重ラインが見えてしまっては不自然ですよね。

 

この疑問の答えは、二重整形の方法や二重幅の大きさにより、元々の二重ラインが消えて、新しい二重幅のみになるか、元々の二重ラインが残ってしまい三重になるか異なってきます。

 

様々なケースがありますので、参考にしてください。

 

 

     天然の二重幅を広げる場合

二重埋没法で二重幅を広げるケース

 

二重埋没法で新しい二重を作った場合、元々の二重幅は、残ってしまうのか?

 

元々の二重幅より2㎜前後の幅を広げるのであれば、元々の二重ラインは消えますので、三重になる心配はほとんどありません。

 

現在の二重幅より2㎜以上の二重幅を作ると三重になることがありますので、カウンセリング時に十分シュミレーションをして確認してください。

 

 

 

二重全切開法もしくは二重ミニ切開法で二重幅を広げるケース

 

どの程度、二重幅を広くするかに関わらず、三重になる心配はほとんどありません。

 

あなたの希望の二重幅を作ってもらうとよいと思います。綺麗な二重ラインを作ることができますよ。

 

 

     過去に二重整形で作った二重幅を広げる場合

二重埋没法で二重幅を広げるケース

 

現在の二重幅より2㎜前後の幅を広げることを希望する場合は、三重になる心配はありません。

 

2㎜以上の二重幅を広げることを希望する場合は、元の埋没法で止めている糸を取ってから、新しく二重埋没法で二重幅をつくれば、三重になる心配はありません。

 

ただし、以前、二重埋没法をしたクリニック以外で糸を取ってもらう場合、以前の埋没法の糸が見つからず取れないこともあります(カルテがないのでどの位置に糸があるか明確な目安がないため)。

 

もしくは、1年以上、経過していると糸が取れないケースもあります。

 

糸を取る時は、極力まぶたの負担を避けるため、小さな穴を開けてから糸を取りますので、まぶたに傷が残ることはほとんどありません。

 

しかし、小さな穴からでは、糸が確認できないことがあり、その場合は、切開して糸を取りだします。

 

まずは、二重埋没法を受けたクリニックを受診して相談してみるとよいです。

 

 

過去に二重埋没法で作った二重幅を二重切開法もしくは二重ミニ切開法で二重幅を広げるケース

 

どのような幅も三重になることなく、綺麗な二重ラインを作ることができます。かなり広い二重幅にも十分対応できます。

 

元々、二重埋没法で止めていた糸は、切開時に、すべて取り出します。

 

 

過去に二重切開法で作った二重を二重埋没法で二重幅を広げるケース

 

これは、二重切開法でしっかりと皮膚の中の組織も折り込んでいます。

 

皮膚の中の組織が「癒着」して、しっかり食い込んだ二重幅になっていますので、新しく二重埋没法で作った二重ラインは、二重切開法で作った二重ラインの食い込みに負けてしまいますので、三重状態になります。

 

ですので、二重切開後に二重埋没法で二重幅を広げることはオススメしません。

 

 

過去に二重切開で作った二重幅を再び二重切開法で二重幅を広げるケース

 

これは、問題なく新しい二重幅が綺麗なラインがでます。

 

二重切開法で、皮膚を開け、以前に切開法で癒着した皮膚を丁寧に剥がし、二重ラインを解除します。

 

三重ができることがありませんので、安心して施術をうけることができます。

 

 

     くぼみ目がある人が二重の幅を広げる場合

 

くぼみ目が深い人が二重幅を作っていく上ではかなりやっかいです。

 

くぼみ目のラインに二重ラインが引きこまれるため、二重埋没法では、すぐにくぼみ目ラインにラインを持っていかれますので、二重埋没法での二重幅を広げるのは適応外です。

 

二重全切開でもくぼみが深い場合は、時間とともに、くぼみ部分にラインが持っていかれ、二重切開法で作ったラインは薄くなっていきます。

 

くぼみ目がある場合は、くぼみ目を修正する治療と二重切開法を同時に施術するのがベストです。

 

くぼみ目の修正は、ヒアルロン酸注入や脂肪注入が有効ですが、ヒアルロン酸の場合は手軽に施術できますが、ヒアルロン酸が体内に段々吸収され、最終的には無くなってしまいます。

 

くぼみ目修正をヒアルロン酸注入で改善するには、定期的なヒアルロン酸注入が必要となります。

 

 

     まとめ

 

天然の二重幅を美容整形で広げることは、無理な幅(2㎜以上)にしなければ、プチ整形である二重埋没法で簡単に二重幅を広げ、大きな目にすることができます。

 

しかし、広い二重幅を希望する場合や過去に二重整形で作った二重幅を広げる場合は、二重埋没法では難しいケースも多いです。

 

その場合は、二重切開法で二重幅を広げるのがベストです。

 

二重切開法だと本格的な美容整形の感じがして、抵抗感がある人も多いようですが、二重切開法にはたくさんのメリットもあり、綺麗な二重ラインを自然な形で作っていくこともできますので、検討してみてください。

 

最後にどの治療法にも必ずデメリットがあります。

 

各治療のデメリットは事前にある程度調べておき、カウンセリング時にデメリットについてしっかりと説明してくれるクリニックで施術をしてください。

 

料金は安いが、治療のデメリットについてしっかりと説明がないクリニックで施術をうけるのは絶対に避けてください。

 

デメリットについて説明している記事もありますので参考にしてください。

 

 

 

  • はてなブックマーク

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ