[医師監修]外見のコンプレックスは美容整形クリニックに相談してみよう!

  • はてなブックマーク

皆さんは、外見上のコンプレックスや悩みはどのように解決していますか?

 

外見上はあまり気にしないで、内面で人生を勝負していますか?

 

もちろん、最終的には内面が重要だと管理人も思います。

 

しかし、いくら内面がよくても外見があまり美しくないと、人生「損」をしていることが多いです。

 

「美しい人」と「そうでない人」の生涯年収が3,000万円以上の違いがあります。

 

生涯年収の違いについては、管理人が以前記事に詳しく書いていますのでよかったら見てください。

 

外見を重要視せず、内面を重要視するのはわかります。

 

しかし、せっかくすばらしい内面の持ち主でも外見で損するこは多いのではないでしょうか?

 

逆に、内面は正直あまりよい性格とは言えなくても外見が美しいということで、色々な面で得をしていることが多いのです。

 

むしろ外見が美しい人は、損をすることが少ないんです。それが現実なのです。

 

しかし、皆様は、メイク・ファッションでおしゃれに可愛く変身することもできますよね。

毎日TPOに合わせ、自分に合ったスタイルのメイク・ファッション・ヘアスタイルで少しでも美しくするすべを身につけているはずです。

 

ただ、外見上のコンプレックスを自力では解決できないものってないですか?

外見のコンプレックス

「メイクが決まらない」

「今日はまぶたがむくんでいて可愛くない」

「肌荒れが起こって化粧ができない」

「シワが出てきて老化が目立つ」

「急にニキビが出てきた」

「太ってきて可愛い服が着れない」

「足が太くて可愛いホットパンツが履けない」

「胸が小さくてビキニが似合わない」

「まぶたがたるんできた」

「目の左右差があり、アイメイクが時間がかかる」

など、まだまだあると思いますがあげたらきりがないですよね。

 

そこで、美容整形という存在がクローズアップされます。

 

美容整形と聞くと「怖い」・「整形がバレバレになるので嫌だ」・「高い」・「失敗したらどうするの?」など悪いイメージも色々あります。

 

管理人は長らく美容整形に携わっていて、美容整形される方の多くが悪い結果になるより、圧倒的に結果に満足されている方の方が多いんです。

 

「コンプレックスが解消された」・「モテ期が来た」・「人生変わった」・「異性に注目されるようになった」・「仕事にもいい意味で影響が出た」・「結婚できた」・「彼氏ができた」など多くのよい意見が聞かれます。

 

内面は外見に現れるという言葉もあるように、内面だけではなく、バランスよく内面も外見も磨いてみてはいかがでしょうか?

 

前置きが長くなりましたが、今回は外見のコンプレックス解消のサポートをする美容整形ってどんなところかを説明していきますので、興味があれば読んでみてください。

 

     美容整形はどの診療科目?

 

美容整形とは、一般的にみなさんが耳にするのは「整形」・「美容整形」・「プチ整形」など整形という言葉を連想すると思います。

 

しかし、美容整形という診療科目は無いのです。

 

美容整形をするところは、「美容外科」もしくは「美容皮膚科」という看板を掲げているクリニックになります。

 

 

     美容整形と名前が似ている科目・間違いやすい科目

 

整形外科・形成外科・皮膚科この科目は美容外科や美容皮膚科を受けたい方が、間違って問い合わせすることがありますが、全く違いますのでご注意ください。

 

診療項目に美容外科・美容皮膚科などが書かれているクリニックに問い合わせてください。

 

 

      一般皮膚科と美容皮膚科の違い

 

皮膚科は美容皮膚科とは違います。

 

一般的に皮膚科は、アレルギー・アトピー・水虫・湿疹など病気を扱う診療科目です。

 

シミ・シワなどは扱っていませんので、シワが気になって一般皮膚科を受診しても対応できません。

 

ただ、近年は、皮膚科も一般皮膚科以外にも美容皮膚科を扱うところが増えてきています。

 

診療科目をチェックし、美容皮膚をやっているか確認してください。

 

美容皮膚科の科目があれば、シワにも対応してもらえます。

 

ただし、美容皮膚は保険診療外となり、すべて実費です。

 

 

     保険診療と自由診療

 

美容外科・美容皮膚科の治療はすべて自由診療となり実費です。

 

例えば、皮膚科を受診し、一般皮膚科と美容皮膚科の両方の診療項目がある場合に、湿疹とシワの両方の診察をもらったとします。

 

すると、湿疹は保険適応、シワは自由診療(実費)で分けて会計になりますのでご注意ください。

 

決してすべて保険診療になるわけではありません。

 

 

     美容外科や美容皮膚科にはどんな治療があるの?

 
美容外科などの治療内容は、見た目のお悩みならだいたい治療方法があります。

 

こんな悩みは治療できないよなーと思ったら、お電話で問い合わせてみてください。

 

治療方法も、手術ばかりではありません。

 

クリニック独自のドクターズコスメ・内服薬・塗り薬・レーザー治療・注射・手術など多岐にわたります。

 

手術以外は、それほど腫れたり・内出血がでたりすることは少ないですし、リスクもそれほど高くありません。

 

昔より、気軽に受診できると思いますよ。

 

 

      美容整形するにはどのような病院を受診したらよい?

 

  
美容整形をするためには、個人の美容外科クリニックもしくは大手チェーンの美容外科クリニックもしくは美容皮膚科を受診しなければ施術を受けることはできません。

 

最近は、総合病院の中に、美容外科や美容皮膚の診療科目を併設している病院もでてきましたが、まだまだ、美容外科・美容皮膚科のみを単科で施術しているクリニック比べ、経験症例数や最新治療機器や最新治療法の導入が遅れています。

 

今はまだ、個人もしくは大手の美容外科・美容皮膚科のみ単科で行っているクリニックを選んだ方がよいです。

 

通常の診療であれば、総合病院の方が設備や症例数も圧倒的に多いのですが、美容外科・美容皮膚科診療は、総合病院では、まだ始まったばかりで、人材も個人や大手の美容外科・美容皮膚科クリニックに技術の卓越した医師が多いのが現状です。

 

 

     料金は高いんじゃないの?

 

 
美容診療の治療は高額な治療が多いです。

 

しかも、同じ治療なのにクリニックよって全く料金が異なります。

 

料金の差は、クリニックの企業努力で低料金にて施術を提供しているクリニックもあれば、粗悪な診療材料を使用して、単価を安くしているクリニックなどもあります。

 

また、逆に高い料金設定のクリニックが悪いわけではありません。

 

各クリニックの技術料金を安く提供する気はない。

 

その代り、確かな技術とアフターケア・そして安全な診療材料を使用するという理念で料金設定しているクリニックも多いです。

 

 

     まとめ

美容整形は20年前に比べ技術の進歩・新治療の発展・クリニック件数などが大きく変わってきています。

 

ひと昔前は、美容整形クリニックの設置場所は、薄暗い雑居ビルにひっそりと開院し、来院されるお客様も、どこか後ろめたさもあるのか、足早にビルに入り、ビルの外に出る時は、周りを見ながら出ていく光景がよくありました。

 

しかし、近年は美容整形に対する考え方も変わり、クリニック自体がオープンになり、来院されるお客様の層も様々です。

 

「日々のスキンケア」・「ピアスを開ける」・「体の疲れを癒すために美容点滴をする」・「アンチエイジングレーザーや注射をする」・「レーザー脱毛」など、わりと他人にも話せるようなライトな治療をされる方が圧倒的に多くなってきています。

 

もちろん、美容外科の王道である「二重」や「たるみ取り」・「脂肪吸引でダイエット」・「豊胸」などのニーズも多々ありますが、昔と違い来られるお客様に悲壮感がありません。

 

むしろ前向きで、「この治療をしたら自分はもっと輝けるんではないだろうか?」という期待感を持って来院されるので、非常に明るい方が多いです。

 

クリニック自体もおしゃれで、駅前やホテルなどかなり目立つ場所に開院しているクリニックが多いのも昔と大違いです。

 

それだけ世の中に認知され、「外見のことなら美容整形にいってみたら何とかなるよね。」という傾向になってきているのではないかと思います。

 

実際に外見のコンプレックスなら美容整形で、だいたいのことは解決しますよ。

 

昔と違いネット社会なので、万が一、手術の失敗・施術の失敗・対応の悪さなどがあれば、クリニックの悪評は一気に広がり、競合が多いだけにすぐに潰れます。

 

ですからクリニック運営者・スタッフは技術向上だけでなく、接客においてもお客様に満足してもらえるような対応を心掛けています。

 

一度、無料カウンセリングなどを受診してみるとわかると思いますが、来院して帰るまで心地よく過ごせると思いますよ。

 

また、そのようなクリニックでなければ、数年後には無くなっています。

 

しかし、クリニックの中には、情報弱者に対し、高額の施術費用を要求したり、たくみな話術で何がなんでも施術をさせたり、施術した後と終わったあとでは態度が変わり、何かトラブルが起こっても全く冷たい対応しかしてくれないクリニックもあります。

 

本来そのようなクリニックは、すぐに悪評が立つはずですが、そのようなクリニックに限って情報操作がたくみです。

 

これだけ美容整形クリニックが増えると、どうしても悪徳美容整形も存在します。

 

せっかく外見のコンプレックスを解消するために、美容整形を受診してみようかなと思った皆様には、そのような悪徳美容整形を受診しないようにしてほしいです。

 

もし、美容外科・美容皮膚科を受診する際は、一つのクリニックの受診で施術を決めるのではなく、複数(少なくとも2つ以上)のクリニックを受診してください。

 

カウンセリングなどを聞いてみて(ほとんどのクリニックがカウンセリング無料)、皆様が納得のいく料金・技術・アフターケアなどすべてを考慮して施術を決定することが重要です。

 

こちらの記事に優良美容整形クリニックの見極め方を書いていますので参考にしてみてください。

 

 

  • はてなブックマーク

ページの先頭へ