最近の投稿

[医師監修]紫外線で目がまぶたがたるむ!~無添加UVケア商品の選び方

 

紫外線は老化促進の原因「百害あって一利なし」

 

紫外線をたくさん浴びることで、まぶたの皮膚は乾燥し、やがては、「まぶたのたるみが出現」・「乾燥皮膚になってしまい、アイプチなどで二重ラインが食い込まなくなる」・「二重幅自体が狭くなる」などの現象が起こってきます。

 

もちろん、まぶたでだけではなく、紫外線は、老化を促進しますので、小じわ・たるみ・しわなどを作ってしまう大きな原因となります。

 

まぶたの乾燥予防は、保湿ケアと並んで重要となるのがUVケアとなります。

 

「紫外線は良くないのは、わかってるよ!とにかく、しっかりUVケアすればいいんでしょ!」

 

その通りです。とにかくUVケアが重要です。

 

しかし、自分の肌に合った、適切なUVケア製品を選ぶには、ある程度知っておいた方がよい知識がありますので、今回はそれについて解説していきます。

 

当たり前のことですが、自分の肌・ライフスタイルにあったUVケア用品を選ぶことができれば、肌のダメージを減らし、まぶたの乾燥を防ぐことができます。

 

若い方も、UVケアを怠ると、まぶたが乾燥し、思わぬ現象が起きますので、しっかりUVケアしましょう。

 

実際に、管理人が美容整形クリニック勤務時代に受けた相談の中で、「二重ラインが狭くなり、アイプチなどでも二重の食い込みが作れなくなった」などのお悩み相談が多数ありました。

 

そのような相談の方のまぶたは、だいたい厚くなっており、二重が食い込みづらい状態です。

 

日常生活は、毎日、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが厚くなってしまった原因の一つに、紫外線によるまぶたの乾燥が考えられます。

 

普段、あまりUV対策をしてこなかったということもあり、まぶたの保湿力や弾力を失った皮膚になってしまっているのです。

 

このように紫外線による乾燥は、老化促進だけではなく、まぶたへの影響も非常に大きく、若い方でも、まぶたのたるみや二重幅が狭くなるなどの現象が起こり、目が小さくなった印象になることがあります。

 

 この記事の続きを読む   

  • はてなブックマーク

[医師監修]オススメ無添加保湿!厳選4商品!

 

二重幅が狭くなったり、まぶたが厚くなってアイプチでは二重ラインが織り込めなくなったり、まぶたがたれてきたりする原因の一つに、まぶたの乾燥があります。

 

まぶたが乾燥すると様々な保湿因子が壊れ、まぶたに弾力がなくなり、「まぶたのたるみの出現」・「二重幅が狭くなる」・「くぼみ目になる」・「二重ラインがメイクで作れない」などの現象が起きます。

 

老化現象でまぶたの弾力はだんだんと失われてきますが、最近では、若者にもまぶたの乾燥が目立つようになり、管理人が美容整形に勤めていたころにも、二重ラインが急に狭くなったなどの相談がありました。

 

普段、しっかりメイクを落としているにも関わらず、まぶたが乾燥してしまうのは何故なんだろう?という相談も多数ありました。

 

実は、まぶたの乾燥は、メイクを丁寧に落とすだけではダメなんです。

 

普段、長時間、アイメイクをしていますので、メイクを落とした後、十分にまぶたのケアをしなくてはなりません。

 

十分なケアというのが、保湿です。

 

長時間のアイメイクで負担がかかったまぶたに十分な栄養(ここでは保湿)を与えて、ねぎらってあげなければいけませんね。

 

その意味で、まぶたの保湿が非常に重要となります。

 

それともう一つ、UVケアです。

 

しっかりとUVケアをしなければ、まぶたは紫外線により乾燥しますのでこちらの対策も必要となります。

 

つまり、まぶたの乾燥を防ぐためには、保湿ケアとUVケアが重要ということになります。

 

今回は、保湿ケアについて説明していきたいと思います。最後に管理人オススメの保湿化粧品もご紹介していますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

                                  

 


 

1 2 3 86

ページの先頭へ